電話で相談 LINE@で相談 フォームから相談
まずは
無料相談

BLOG

美容師からネットワークエンジニアへ!勉強したことがなくてもプログラミングはできる。

2020.3.4
インタビュー

この記事はフリーランス特化型プログラミングスクールZeroPlusによる、プログラミング×教育×キャリアに関する情報発信を行うブログです。これからプログラミングを勉強して、キャリアの幅を広げようとしている方に向けたコンテンツになっています。

こんにちは、プログラミングスクールZeroPlus塾長の広瀬です。

ZeroPlusって実際どんなスクールなの?って方に、もっとスクールをよく知ってもらえるように記事を書いていきます。

 

前職は美容師、ZeroPlusでWebデザインを学んだあとでネットワークエンジニアとして活躍している照本さんにインタビューを行いました!

 

広瀬:お久しぶりです!お元気ですか?

 

照本さん:はい!最近はネットワークの勉強の息抜きにまたWebデザインの案件をやってます!

 

広瀬:相変わらずマルチに活躍されてますね!

プログラミングを勉強したいのではなく、自分を変えたかった。

広瀬:まずはZeroPlusを受講しようと決めた背景についてお伺いしたいです。

 

照本さん:最初は正直プログラミングを勉強したいとかは思っていませんでした。とにかく自分の現状を変えたい!ということだけ思っていましたね。

 

広瀬:そういえば照本さんは元々美容師をされていましたね。

 

照本さん:そうなんですよ。恥ずかしながら、当時の僕は勉強をしたこともなかったし、したくなかったんです。高校時代は選択単位制だったので、身体を動かすような授業のみを選択していました。美容師になったのも、勉強したくないという思いから専門学校に進学したことがきっかけでした。ただ、美容師の現場に入ると勉強しなきゃいけないことはたくさんあり、勉強しなくていいなんて考えが甘かったのだと気づきました。

 

広瀬:どの職業でも勉強は必ずしないとですね。

 

照本さん:気づくのは少し遅かったかもしれませんが、どうせ勉強するならもっと興味のあることを勉強したいと思っていました。そんな時、専門学生の時から一緒に飲む友達としばらくぶりに飲む機会がありました。その人はZeroPlusに既に入会していて、目標に向かって努力している彼がすごく羨ましかったんです。同時にプログラミングスキルの将来性や、自分のデザインスキルを基に、何かを作り出せるというところに惹かれて始めました!今考えると、その日から自分で考え、行動につなげる癖がついたんだと思います。

 

広瀬:プログラミングスクールである以上、プログラミングを勉強したくて受講される方が大半の中、照本さんは「自分を変えたい!」という部分で興味を持たれたんですよね。ちなみに照本さんが人生で初めてのPCとしてMacbook Proを買って、タイピングや操作方法に悪戦苦闘していたのをすごく覚えています。(笑)

 

照本さん:クラスメイトは大学生がいたりして、みんなある程度PCにも慣れている中、自分だけが講師に基本操作について聞いていました。(笑)ZeroPlusは仲の良い友達が通っていたこともありますが、運営陣の皆さんとお会いした時に、生徒に真剣に向き合う姿勢が魅力的だったり、PC初心者以下の自分にもできると保証してくださったのが嬉しかったです。

 

広瀬:運営としても教えがいのある生徒さんでしたよ。でも照本さんの努力量は正直期待以上のものがありました。

 

照本さん:6月にZeroPlusの受講を始め、美容師をやめる8月までは、朝早く仕事に行って、夜仕事が終わったらクラスメイトの大学やカフェで勉強するという日々でした。広瀬さんに教えてもらった24時間営業してるカフェでオールしたこともあります。(笑)人生がかかってるとこんなにも馬力を発揮するんだって自分でも思いました。

 

広瀬:他の生徒さんだけでなく、僕たちも尊敬していました!

Webデザインからネットワーク領域へ。

広瀬:8月に美容師を辞め、9月に転職活動開始、11月にはネットワーク系のSESに就職、12月にZeroPlusを卒業という怒涛の半年間でしたね。

 

照本さん:夢中だったので、あまり大変さは感じていませんでしたが、そう言われると怒涛の流れでしたね。

 

広瀬:照本さんはデザインセンスが抜群でしたが、転職先はネットワークエンジニアを選択されましたね。なぜ、ネットワークエンジニアに転身されたんですか?

 

照本さん:WebデザインはZeroPlusで学んでいて、楽しかったし自分でもWeb系に進むのかなとイメージしていました。でも転職活動をする上で一応SES系の会社を受けた時、ネットワークの役割に関して知り、面白そう!と考えました。通信は社会においてインフラの部分であり、それを創る仕事にやりがいを感じたのがきっかけです。

 

全く触れたことのない分野でしたが、入社3週間で猛勉強して、CCNAという資格を取りました!同期26人中、2人しか受からなかったのですごく嬉しかったです!

 

広瀬:半年前の照本さんからは本当に比べ物にならないくらい成長していて驚いています。具体的に美容師時代とは何か変わったことはありますか?

 

照本さん:労働環境は圧倒的に良くなりましたね。美容師時代は朝7時から夜の22時までお店に拘束され、寝るためだけに家に帰るような毎日でした。プライベートでの友達との遊びなどもできず、非常にストレスでした。今の企業は8時間労働で残業がほぼなく、友達と飲みに行ったり、勉強する時間も確保できたので日々が充実しています!給与面は月収でまだ2万円ほどしか変わっていませんが、今後はどんどん上がっていくという希望を持って働けています。(笑)

 

広瀬:それを聞けて嬉しいです!逆に大変だったことはありますか?

 

照本さん:やっぱり未経験というところで人よりも努力しなきゃなとは思っていました。知らないIT用語はたくさんあるし、CCNAを取ったのはいいけどやっぱり現場で使う知識は違ったり。ZeroPlusの仲間とは今も定期的に勉強会を開いていて、近況報告などもするのですが彼らの存在が原動力になって頑張れている部分はあると思います。全く違う世界に進んだ僕とも仲良くしてくれるし、ZeroPlusの生徒たちはみんな努力家だし、すごい人たちなので僕も負けてられないと思いながら励んでいます!

 

広瀬:卒業後もみんなで切磋琢磨しているのは素晴らしいですね!

 

照本さん:今後もネットワークで続けていくか、Web系に転身するかはまだわかりませんが、ここ数年で考えていきたいと思っています!

 

広瀬:照本さんの自走力があればどこでも活躍できると思っています!いつでもご相談お待ちしております!

仲間に教えてもらった学び方。

広瀬:この前は「勉強しないと衰退する気がして…。」って勉強会でおっしゃられていましたね。(笑)そんな照本さんも学習のモチベーションが下がってしまうことはありましたか?

 

照本さん:いやになることは基本的にありませんでした。自分が変わりたくてもともと始めたので。でもやっぱりエラーにつまづくのは嫌ですね。そんな時に大事になるのが「仲間」です。僕はつまづいた時、結構長い時間自分で頑張ってしまいますが、どうしても最終的に分からなければ講師の皆さんや、一緒に勉強している仲間に聞いていました。エンジニアにとって問題解決能力は大切ですが、同時に効率も大事だと思っています。どうしても自力で解決できないときに、気軽に質問できる人がいるのは本当に心強かったです。

 

広瀬:よくクラスメイトと一緒に勉強会をしていましたね。どのくらいの頻度で仲間との勉強会は開いていたんですか?

 

照本さん:週3日くらいだったかと思います。一番仲の良かったクラスメイトの大学が僕の職場と近かったので、仕事終わりに大学までお邪魔したりしてました。今考えると不法侵入なのかもしれないとも思いますが。(笑)

 

広瀬:やっぱり自分一人で自主学習するのと、仲間と一緒に勉強するのでは違いますか?

 

照本さん:全然違いますね!一番仲の良かった友達がすごく教えるのが上手だったのも幸運でした。答えがわかっていてもすぐに教えるのではなく、一緒に解決までのプロセスを順序立てて考えてくれたので、解決までの考え方も身につきました。僕も人に教えるときはそこを意識して教えています。

 

広瀬:素晴しいですね!

みんなに伝えたい。継続は力なり。

広瀬:ZeroPlusの環境をフルに活かしていただいて嬉しいです!

 

照本さん:ZeroPlusに入学しての変化は、学習習慣、決断力、仲間が得られた事です。プログラミング以外でも学べる事が多いこのスクールは最強です。
かっこよく言うと人生が変わりました。いや、変えてくださいました。新しい人生を再スタートのきっかけをくれた、飲み友。最高の学習環境を提供してくださった運営の方々。一緒に学習をしてきた仲間。全ての人に感謝をして、これからの人生を歩みます。

 

広瀬:そう言っていただけると嬉しい限りです。最後に、これからプログラミングをやってみよう!と思っている人に対してアドバイスがあればお願いします!

 

照本さん:「継続」とそれが可能な「環境」が大事です。今まで勉強したことがなかった僕が言うのもおこがましいですが、継続のクセをつければ、そんなに地頭が良くなくても最終的に形になります。僕はエラーが解決できなくても、仕事で疲れていても、とりあえずPCの前に座ることをサボりませんでした。

 

ただ、それを実際にクセがつくまで努力するのは、一人だと難しいかもしれません。そこで同じように勉強している仲間や、真摯に僕にアドバイスをくれる講師の皆さんがいることで、挫折せずに続けることができました。今、何かを変えたいと思っている人はその熱い気持ちを原動力に、プログラミングを継続してみてほしいです!

 

広瀬:素晴しいアドバイスをありがとうございます!今日はありがとうございました!

 

照本さん:ありがとうございました!

フリーランス特化型プログラミングスクールZeroPlusは常に生徒を想い、「継続して学習できる環境」を作っています。ZeroPlusでは、現役フリーランスエンジニアが監修する6ヶ月間のフリーランス特化型カリキュラムが受講できます。無料で参加できる説明会や見学会を随時開催していますので、是非お越しください。お待ちしております。