03-6912-5250 月曜を除く11:00~18:00
無料相談
無料で、
相談する
Column

フロントエンドエンジニアの仕事とは?初心者にもわかりやすく解説!

2021.2.9

フロントエンドエンジニアを目指し始めたけれど、どんな勉強をすればいいのか分からない…。結局何のスキルや知識を身に付ければいいの?

そんな方に向けて、フロントエンドエンジニアの仕事内容や、必要なスキルや知識について、どこよりも詳しく紹介します。コーダーとの違いや、ステップアップの方法についても説明しているので、お見逃しなく!

目次

フロントエンドエンジニアの仕事とは?

フロントエンドエンジニアとは、webサイトやアプリケーションでユーザーが直接触れる部分の設計や構築を行う職種のことです。

 

例えば、webサイトでユーザーの文字入力やボタンをクリックする仕組みを構築したり、アプリケーションの外観を作成したりするのはフロントエンドエンジニアの仕事になります。

 

webサイトやアプリケーションはフロントエンドともう一つ、バックエンドという仕組みで成り立っています。(フロントエンドだけで完結するものもあります)

 

それぞれ上記のように役割が分かれています。

コーダーとの違いは?

コーダーとフロントエンドエンジニアは混同されがちですが、その仕事内容や役割は異なります。

 

コーダーは、webデザイナーが作成したデザインをもとに、webサイトをブラウザ上に構築する人のことを指します。求められる基本スキルはHTMLとCSSで、静的なwebサイトのコーディングができればOKです。

 

一方フロントエンドエンジニアは、コーディングのスキルだけでは対応しきれない動的なwebサイトを作るためのスキルや知識が求められます。そのため、クライアントの期待に応えるためにはコーディングの他にJavaScriptのスキルや知識がなければなりません。

 

上記のように、フロントエンドエンジニアはコーダーより広範囲のスキルや知識が必要とされるため、一般的にはフロントエンドエンジニアの方が上位職種に位置付けられることが多いでしょう。

フロントエンドエンジニアに必要な知識とは?

フロントエンドエンジニアは、幅広い知識と専門的なスキルが必要になります。ここではフロントエンジニアの仕事に必要な知識とスキルについて、解説していきます。

デザインとコーディング

フロントエンドエンジニアにとって、コーディングスキルの習得は大前提です。HTMLとCSSは必須のスキルとして極めましょう。

 

デザインは専門的なレベルまで極める必要はありません。デザインを専門にしなくても、実際にフロントエンドエンジニアとして活躍している方は多くいらっしゃいます。

 

ただしフロントエンドエンジニアは、技術的な面においてデザイナーをフォローする役割も時には必要とされます。そのような場合に適切なフォローができるよう、デザインに関する基礎的なスキルや知識は身につけておきましょう。

 

デザインとコーディングの仕事内容について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!おすすめのツールも紹介しています。

webデザイナーとコーダーの仕事とは?初心者にもわかるように解説!

JavaScript

フロントエンドエンジニアは、JavaScriptがメインのスキルといっても過言ではありません。

 

JavaScriptを習得すると、以下のことができるようになります。

 

webサイトを動的に表現する

ユーザーがより「見やすい」「使いやすい」ハイクオリティなwebサイトを作ることができます。例えば画像のスライドショーや、ハンバーガーメニュー(Webサイトの上方で見かける三本線「≡」のアイコン)の作成は、JavaScriptを用いることで可能になります。

 

アプリを作れる

JavaScriptの活用が一般化された理由として、webアプリやスマホアプリ、ゲームなども作れることが挙げられます。スマートフォンの利用が一般化している今、これらのwebサービスの需要が大幅に高まっているのです。

 

アプリを構築するためには、jQueryやReactなどのライブラリ、Vue.jsやangularJSなどのフレームワークも学んでみてください。

これらの知識を深めておくと、作業スピードが大幅にアップします。必須のスキルとして押さえておきましょう。

マーケティングなどの周辺スキル

フロントエンドエンジニアだけではなく、コーダーやデザイナーにも同じことが言えますが、webサイトやアプリケーションを制作する上で、ときにはマーケティングなどの知識も必要になることもあります。

 

サイトのアクセス数を計測したい

検索順位を上げたい

お問い合わせを増やしたい

 

こんな相談を受けることも少なくありません。

マーケッターではなくても適切な回答と対応が出来ると付加価値にもなります。

コーダーからフロントエンドエンジニアにステップアップするには?

コーダーからフロントエンドエンジニアへステップアップはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

ステップアップを推奨している会社に就職する

web制作会社の求人情報を見てみると、コーダーからフロントエンドエンジニアになるための成長を後押ししている会社が多く存在します。そのような会社に就職して研修に参加したり、現場に出て実践を積んだりすることで、フロントエンドエンジニアへのキャリアアップを計りましょう。

 

必要な知識を自分で学習する

フロントエンドエンジニアに必要な知識を、自分で学習し身に付けていきます。本や参考サイトから独学で学ぶ方法もありますし、仲間と切磋琢磨しながら効率よく学びたい人はプログラミングスクールに通うのもおすすめです。

ZeroPlusではフロントエンドエンジニアに必須のスキルを習得できます

プログラミングスクールZeroPlusでは、HTML/CSS、JavaScriptなどのフロントエンドエンジニアに必須の言語わずか半年で習得することができます。その他でも、webデザインの授業やSEO特別講座など、フロントエンドエンジニアを目指すにあたり必要になる総合的な力を身につけることができます。

 

また、現役フリーランスエンジニアの講師がゼロから徹底的にサポートする環境が整っているので、実際にフリーランスを希望している生徒さんの70%以上が在学中に案件を獲得しています。

 

フロントエンドエンジニアになるための基礎を固めたい!

意欲的なプログラミング仲間がほしい!

プログラミングスクールの授業って、実際どんな感じなんだろう?

 

そんな思いや疑問をお持ちの方、まずはお気軽に無料見学にて授業の雰囲気を体感してみてください!zoomにて無料オンラインでの相談も受け付けています!

無料で相談してみる

在学中にフリーランスデビュー
している生徒様もいます

ZeroPlusはどこよりも面倒見の良い
スクールを目指しています!!

まずは無料で相談する