03-6912-5250 月曜を除く11:00~18:00
無料相談
無料で、
相談する
Column

最短で副業・フリーランスを目指すならwebデザインがおすすめ!その理由とは?

2021.1.8

2020年に入って、コロナの影響もあり、ますます副業・フリーランスを目指す方が増えているように感じます。

 

しかし、実際に何から初めて、どんなルートで副業やフリーランスを目指せば良いのか、具体的にイメージ出来ていない方も多くいるのではないでしょうか?

 

この記事では、

 副業・フリーランスを目指すための王道ルートは?

副業・フリーランスになりやすい業種は?

など、副業・フリーランスを目指す方向けに解説します。

 

後半では、特に“最短で”目指すならどうすべきかにも触れているの、是非参考にしてみてください。

目次

webデザイナー、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアの副業・フリーランスを目指すための王道ルート

 

などwebサイトやwebサービスを作ることを仕事にする職種はたくさんあります。

 

その中でも今回は、未経験の方が目指すことの多い

に絞って解説します。

 

まずはそれぞれ超簡単に仕事内容を紹介します。

 

webデザイナー(コーダー)

 

フロントエンドエンジニア

 

バックエンドエンジニア

 

これらの職種ごとに副業・フリーランスを目指すための王道ルートを紹介します。

webデザイナー(コーダー)編

 

webデザイナー(コーダー)、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアの中で、1度も就職することなく、フリーランスになったり副業をしている方の数が圧倒的に多いのはwebデザイナー(コーダー)です。

 

未経験から就職することなく、副業やフリーランスとして働く場合、最初はクラウドソーシングなどで仕事をとり、徐々に単価の高い仕事を取ることを目指すパターンが多いです。

 

就職して実務経験を積んでから、フリーランスになる場合は、独立前にある程度仕事を取れる状態にしてから独立するパターンが多いです。

 

仕事はエージェントなどを使うよりも自分の人脈から取ることが多いです。

 

webデザイン領域での勉強すべきことや仕事の取り方は是非下記の記事をご覧ください。

未経験からフリーランスエンジニアデビューして案件を獲得するステップを紹介(web制作編)

 

特徴

フロントエンドエンジニア編

 

最近はReactやVueを使ったリッチなUIのwebサービスが増えてきています。フロントエンドエンジニアは今後伸びていくと思われる領域でもあります。

 

フロントエンドエンジニアは、就職して実務経験を積んでからでないと、副業・フリーランスはかなり厳しいと思われます。

 

就職して実務経験を積んでからであれば、エージェント経由で仕事が取れます。webデザイナー(コーダー)と違って実務経験とスキルさえあれば、人脈が全くなくても仕事が取れるのが特徴です。

 

特徴

バックエンドエンジニア編

 

バックエンドエンジニアはフロントエンドエンジニアとほぼ同じで、実務経験がないと副業・フリーランスはかなり厳しいです。

 

また、実務経験とスキルがあればエージェント経由で仕事が取れるのも同じです。

 

特徴

未経験から”最短”で副業・フリーランスを目指すならwebデザインがおすすめな理由

私たちの運営しているZeroPlusには、出来るだけ早く稼げるようになりたいといった相談も頂きます。

 

簡単に稼げるようになる方法はないことは大前提に、ここでは”最短”で副業・フリーランスを目指すならwebデザインがおすすめな理由について解説します。

 

“最短で”フリーランスになりたい

本業ではなく副業として仕事をしたい

学生なので早急に毎月何十万も稼ぐ必要はない

こんな方は特にwebデザイナー(コーダー)を目指すのが良いかもしれません。

初心者でも受けれる案件数が多い

webデザインは初心者でも受けれる案件が多くあります。

 

ランサーズの案件数を見ると、

でした。

 

『システム開発・運用の仕事・依頼』は主にバックエンドの領域に当たります。

 

ただ、バックエンドの案件は使用するプログラミング言語の指定があることが多く、自分が学んでいる言語でないと、その仕事を受けることは出来ません。そう考えると案件数にそこそこ差はありそうです。

 

実務経験を積んでからフリーランスになる場合、前述した通りフロントエンド、バックエンド領域はエージェントを使って仕事を取ることが出来るので仕事の取りやすさは逆転します。

ただし、前述した通り初心者がエージェント経由で仕事を取るのは限りなく不可能です。

フリーランスでも直受けで仕事が取りやすい

フロントエンドやバックエンドのスキルを必要とする案件は規模が大きくなることが多く、結果費用も大きくなります。

 

今はフリーランスもかなり一般的になりましたが、フリーランスに大きな規模の案件を任せるのは不安に思うクライアントさんもいることは確かです。

 

また、仮に1人のフリーランスに外注した場合、その人がケガや病気をした場合、変えがいません。制作会社に依頼した場合は、社内でメンバーの調整を行いカバーすることができます。

 

このような事情もあり、フリーランスが個人で受けれる仕事の上限は500万くらいの場合が多いです。フロントエンドやバックエンドが絡む案件では500万を超えるような規模のものは多くありますが、webデザインの場合は大規模なものでない限り、500万を超えるようなことはありません。

 

LPなどは数万~数十万の案件も多く、クライアントさんからすると、規模感や金額面でのハードルは下がります。

セキュリティなどの問題が発生しにくい

webサイトの制作であれば、セキュリティなどの問題が発生しにくい特徴もあります

 

個人情報漏れなどの問題は、お問い合わせ、カード決済、会員登録などバックエンドが絡む部分になります。個人情報漏れなどが起こると、最悪の場合、損害賠償などもあり得ます。

 

リスクの面でもwebデザインは初心者にはおすすめです。

ZeroPlusで勉強して副業・フリーランスを目指しませんか?

プログラミングスクールZeroPlusは副業・フリーランス特化型の授業を展開しており、半年でWeb制作を一気通貫してできる専門的なスキルを手に入れることができます。その他でも、営業やライティングなど、副業・フリーランスとして必要になる総合的な力を身につけることができます。

 

また、現役フリーランスエンジニアの講師がゼロから徹底的にサポートする環境が整っているので、実際に副業・フリーランスを希望している生徒さんの70%以上が在学中に案件を獲得しています。

 

副業・フリーランスエンジニアとして必要な専門スキルを身に付けたい!

意欲的なプログラミング仲間がほしい

プログラミングスクールの授業って、実際どんな感じなんだろう?

 

そんな思いや疑問をお持ちの方、まずはお気軽に無料見学にて授業の雰囲気を体感してみてください!zoomにてオンラインでの相談も受け付けています!

 

無料相談はこちらから‼︎

在学中にフリーランスデビュー
している生徒様もいます

ZeroPlusはどこよりも面倒見の良い
スクールを目指しています!!

まずは無料で相談する