ZeroPlus Gateについて

\ シェア /

FacBook
Twitter
LINE
はてブ
PPocket
ZeroPlus Media > Web制作 > Webサイト制作とは?未経験からはじめるWeb制作の勉強について

Webサイト制作とは?未経験からはじめるWeb制作の勉強について

Web制作

2023/03/29

2023/04/21

Webサイト制作とは?記事サムネイル

Webサイト制作とは、企業のホームページやランディングページ(LP)、ECサイトなどWebで表示されるサイトを作ることです。

インターネットが発達した現代では、多くの企業が最低1つはホームページを持っています。自社のサービスやコンテンツ、情報を発信するため、Webサイトは非常に有用な手段となります。

この記事ではWebサイト制作に関して、サイトの種類などの基本的な知識や制作の流れ、勉強方法について解説していきます。

この記事で身につく内容
  • Webサイト制作の基本的な知識
  • Webサイトの種類
  • Webサイト制作の流れ
  • Webサイト制作の勉強方法
ZeroPlus Gateについて

プログラミング学習でこのような経験はありませんか?

  1. 目標に向けて何を学べば良いかわからない
  2. 調べても解決策が見つからない
  3. 現場レベルのスキルが身につくのか不安

これらの悩みは、学習環境を整えることで全て解決することができます。

ZeroPlus Gateでは、30日間無料で最適な学習環境を提供しています。

  1. なんでも相談できる専属メンター
  2. いつでも技術相談ができるプロ講師
  3. 元IT企業CTO監修のカリキュラム

条件なしでこのレベルの環境を無料で提供しているのはZeroPlus Gateだけです。
ただし、無料サービスの提供には参加者の数に制限があります。

少しでも興味がある方は、以下のリンクからサービスの詳細をご覧ください。

今すぐZeroPlus Gateの詳細を見る

メールマガジンバナー

 

Webサイト制作とは

Webサイト制作とは、企業や個人向けにホームページを制作することです。Web制作、Webサイト制作、ホームページ制作とも呼ばれます。

新しくサイトを作るだけでなく、既存のホームページを修正・改修したり追加ページを制作することもあります。

Webサイト制作に使用する基本的な言語には、下記のようなものがあります。

Webサイト制作に使用する主な言語

  • HTML:ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(Hyper Text Markup Language)
    Webページを作成するためのマークアップ言語
  • CSS:カスケーディング・スタイル・シート(Cascading Style Sheets)
    HTMLにサイズや色、レイアウトなどスタイルを設定するためのスタイルシート言語
  • JavaScript:ジャバスクリプト
    Webページに動きをつけることができるプログラミング言語

 

また、上記の言語の知識だけでなく、下記のようなデザインスキルも必要になります。

Web制作に必要なデザインツール・スキル

  • デザイン基礎知識:
    Webサイトをデザインするための基本的な知識。配色やデザイン四原則など。
  • UI / UXデザインツール:
    Webサイトをデザインするためのツール。AdobeXdやFigmaなどのツールを使ってデザインを制作します。
  • Photoshop:
    画像加工ツール。画像の明度・彩度の修正、合成や切り取りなどの加工ができます。
  • lIlustrator:
    グラフィックデザインツール。イラストやロゴデザイン作成に適しています。

 

これらのスキルを実務レベルまで学習すると、自分の力だけでWebサイトを制作することができるようになります。

Webサイト制作でこれらのスキルを実務レベルまで引き上げるには、日々の学習が大切です。Webサイト制作で必要なスキルに関しては、下記の学習ロードマップにまとめています。

上記ロードマップの記事やこの記事を読んで

「Webサイト制作に興味が出てきた」

「Webサイト制作を学んでみたい」

と少しでも思ったら、「ZeroPlus Gate」で学んでみませんか?

ZeroPlus Gateは、Web制作で必要なスキルを無料で学習できるプログラミングスクールです。ZeroPlus Gateには下記のような特徴があります。

  • 50本以上のわかりやすい動画教材
  • 専属のメンターが、あなたの学習をサポート
  • 本格的なWebサイトを作るスキルが無料で身につく

ZeroPlus Gateをはじめてみたい!という方は、以下のリンクより特設ページをチェックしてみてください。

特設ページを見てみる

 

Webサイトの種類

制作するWebサイトには、大きく分けて次の6つに分類されます。

サイトの種類

  • コーポレートサイト
  • ランディングページ(LP)
  • オウンドメディアサイト
  • ECサイト
  • サービスサイト
  • 採用サイト

ここからは、それぞれのサイトについて簡単に解説していきます。

 

コーポレートサイトとは、企業サイト

コーポレートサイトは「企業サイト」とも呼ばれます。一般的にTOPページと下層ページあわせて5ページ以上ほどの規模が多いです。

コーポレートサイトでは、例えば「会社概要」「サービス情報」「商品」「採用情報」などの情報が掲載されます。

企業に関するさまざまな情報を紹介することを目的としたWebサイトとなります。

 

ランディングページ(LP)とは、縦長1ページの商品やサービスに特化したサイト

ランディングページはLP(エルピー)とも呼ばれています。縦長の1ページ完結型の構成です。

サイトを訪れたユーザーに商品の購入やサービスのお問い合わせといった、特定のアクションを促す「コンバージョン」が目的のページとなります。

ランディングページは一つの商品やサービスを売るためのサイトともいえます。

 

オウンドメディアサイトとは、自社で保有するメディアサイト

オウンドメディアとは、自社で保有するメディアの総称のことです。

企業が運営し、ユーザーに対して有益な情報発信をしているものであればオウンドメディアとなります。(このZeroPlus Mediaもオウンドメディアサイトです!)

コーポレートサイトとの違い

  • コーポレートサイト:自社の公式サイト
  • オウンドメディアサイト:自社で運営する、情報発信をメインとしたサイト

 

ECサイトとは、商品やサービスを販売するためのサイト

ECサイトは商品やサービスを掲載し、ユーザーに販売するサイトになります。

ECサイトのECとは、「Electronic Commerce」の略で、「電子商取引」のことです。一般的にはショッピングサイト(ネットショップ)とも呼ばれています。

ECサイトは営業時間や休業日というものがないので、いつでも、どこでも、だれとでも取引を行うことができます。

 

サービスサイトとは、特定のサービスや商品の説明に特化したサイト

サービスサイトとは、自社のサービスや商品の説明だけに特化したサイトのことです。基本的には集客したユーザーに対して、自社のサービスや商品を利用・購入する検討段階に導くという目的で作られます。

商品やサービスの紹介や特徴、実績などを掲載します。コーポレートサイトやランディングページと似ていますが、それぞれ性質が少しずつ異なるものとなっています。

コーポレートサイトとの違い

  • コーポレートサイト:自社の公式サイト
  • サービスサイト:ユーザーに対して、自社の特定の商品・サービスを購入の検討まで導く

 

ランディングページとの違い

  • サービスサイト:集客して商品やサービスに興味・関心を持ってもらうのが目的
  • ランディングページ:商品やサービス購入など、ユーザーに直接アクションしてもらうのが目的

 

採用サイトとは、企業の採用に関する情報を発信するサイト

採用サイトとは、求職者に対して企業が自社の採用情報を発信するためのサイトです。

採用サイトは求人に特化しており、例えば「仕事内容」や「選考フロー」など、採用に関する情報が掲載されます。

コーポレートサイトの中にも採用情報を載せることがありますが、採用サイトは採用に関するより詳細な情報を載せる目的で設計・運用されます。

 

Webサイト制作の流れ

Webサイトは、一般的に次のような流れで制作されます。

サイト制作簡易フロー

  1. 企画・設計・ヒアリング
  2. Webサイトのデザイン制作
  3. Webサイトのコーディング
  4. テスト・チェック
  5. 本番公開

 

1:企画・設計・ヒアリングどんなWebサイトを作りたいか、その目的とゴールなど、これから制作するサイトの設計図となる部分をつくるフェーズ。ここでは、ターゲットユーザーや競合分析も行い、適切なコンセプトを構築します。

2:Webサイトのデザイン制作1をもとに、デザインツール(AdobeXdやFigma、PhotoShopなど)でWebサイトのデザインを制作するフェーズ。レスポンシブデザインやユーザビリティを考慮し、ユーザーが快適に使えるデザインに仕上げます。

3:Webサイトのコーディング
2で完成したデザインをもとに、HTML, CSS, JavaSciprtでWebサイトをコーディングするフェーズ。SEO対策やパフォーマンス最適化も考慮して、高品質なコーディングを心がけます。

4:テスト・チェック3でコーディングしたWebサイトを公開する前に、実際の表示確認や動作のチェックなどを行うフェーズ。ブラウザ間の互換性やデバイスごとのレスポンシブ対応も確認します。

5:本番公開5で問題なければ公開作業を行います。公開後もアクセス解析やフィードバックをもとに、随時改善やアップデートを行っていきます。

 

実際は上記フローよりもさらに細かい工程があります。

上記のWebサイト制作工程は、基本的な流れなので頭に入れておきましょう。

 

Webサイト制作の勉強方法

上述したように、Webサイト制作ではデザインやコーディングのスキルが必要です。勉強方法はさまざまあります。

 

インターネットで調べながら勉強(独学)

Webサイト制作に関する情報は、インターネットで調べれば多く出てきます。例えば、このZeroPlus MediaでもWeb制作に関するさまざまな情報を発信しています。それらを一つ一つ調べながら、勉強していく方法です。

インターネットで調べながら勉強するという方法は、費用は無料ですが、時間がかかることが大きなデメリットです。

メリット

  • 費用はかからない
  • 自分で調べる力が身につく

デメリット

  • 時間がかかる
  • 質問できる環境がない
  • どの情報が正しいか判別するのが難しい
  • 学習をサボったり、挫折しやすい

 

書籍

HTMLやCSSの基礎を扱った書籍は多数あります。基礎レベルから実用レベルまでさまざまな書籍が書籍の内容によってさまざまありますので、自分のレベルにあった書籍を選んで、手を動かして学習しましょう。

書籍で勉強する方法は、費用がそれほどかからず自分の好きなところから学習を進めることができる反面、自分のスキル感に合わない書籍を買ってしまったり、書籍に最新情報が載っているとは限らないなどのデメリットがあげられます。

メリット

  • 自分の好きなところから学習できる
  • 苦手な部分を復習できる
  • 費用がそれほどかからない

デメリット

  • わからない部分について質問できる人がいない
  • 挫折しやすい
  • 自分のスキル感にあった書籍を調べなければならない
  • 最新情報が載っているとは限らない

 

オンライン教材

動画形式の教材やゲーム感覚で学習する教材など、さまざまな形式のオンライン教材があります。プログラミングに苦手意識があっても、オンライン優れたネット上の教材を活用することで気楽に学習を進めることができます。

オンライン教材学習は、教材によっては楽しみながら学習を進めることができます。部分的な学習に適していますが、体系的な学習には不向きです。

オンライン教材では下記のものが有名です。

代表的なオンライン教材

  • Progate:プログラミング初心者向けサービスで、ゲーム感覚で学習できる
  • ドットインストール:動画講義メインの初心者向けサービス
  • Udemy:プログラミング以外のコースも充実している

Progateとドットインストールについては、比較記事をご用意しています。よろしければご覧ください。

 

オンライン教材の学習方法のメリットとデメリットは下記のとおりです。

メリット

  • 部分的な学習に向いている
  • 教材によっては楽しみながら学習できる
  • 自分のペースでできる

デメリット

  • 体系的な学習には不向き

 

Webサイトの模写

Webサイトの模写は、実践的な学習に向いています。模写とは、既存のWebサイトのコードを見ないで、Webサイトの見た目をそっくりコーディングして制作する練習方法です。

アウトプット重視で学習できるのでコーディングの力が身に付きます。しかしデメリットとして、模写するサイトによっては実装が難しく挫折しやすいという点が挙げられます。

メリット

  • 実践的な学習方法
  • サイトを再現するために、コードを調べる力が身につく

デメリット

  • 難易度は高め
  • 模写するサイトによっては挫折しやすい

 

プログラミングスクールを利用する

プログラミングスクールは効率よく、実践的に学習することができます。

基礎的な部分から実践的な内容まで網羅的に学習でき、プロのエンジニアに直接、何回でも質問できる環境が整えられています。

また、スクールでは自分と同じようにWebサイト制作を学びたい人が集まるので、いっしょに学習する仲間ができます。仲間とともに切磋琢磨しながら学習を進めることで、挫折しにくくなるのが大きなメリットです。

ただし、プログラミングスクールに通う場合は、一般的に高額な費用が必要となります。また、カリキュラムやスクールの内容が自分のニーズに合わないこともあるため、慎重に通うスクールを選ぶことが必要になるでしょう。

メリット

  • 効率的に学習できる
  • プロのエンジニアに質問できる環境がある
  • 学習仲間ができる

デメリット

  • 費用が高い
  • プログラミングスクールが合わない場合がある

 

受講料完全無料で専属メンターがつくZeroPlus Gate

ZeroPlus Gateは、受講料完全無料でWeb制作の基本的なスキルを学習できるスクールです。

充実した内容のわかりやすい動画教材で、自分のペースで学習を進めていくことができます。さらに、一人ひとりに専属メンターがつき、30日間あなたの学習を徹底的にサポートします。

わからない部分はプロのエンジニアに無制限で何度でも質問することができます。充実のサポート体制ながら、受講料は完全無料。実践的なWebサイトをコーディングするスキルを、この機会に身につけてみませんか。

申し込みは毎月先着限定となっているので、お早めにお申し込みください!

申し込みページを見てみる

 

Webサイト制作と勉強方法のまとめ

Webサイト制作とその勉強方法について解説しました。

Webサイトを制作するための必要な言語やデザインスキルを身につけて、自分なりの最適な方法で学習を進めていきましょう。

Webサイト制作と勉強方法のまとめ

  • Webサイト制作:企業や個人向けにホームページを制作すること
  • Webサイトにはコーポレートサイト、LPなどいくつか種類がある
  • Webサイト制作はHTML, CSS, JavaScriptの学習から始める

 

ZeroPlus Gateについて

プログラミング学習でこのような経験はありませんか?

  1. 目標に向けて何を学べば良いかわからない
  2. 調べても解決策が見つからない
  3. 現場レベルのスキルが身につくのか不安

これらの悩みは、学習環境を整えることで全て解決することができます。

ZeroPlus Gateでは、30日間無料で最適な学習環境を提供しています。

  1. なんでも相談できる専属メンター
  2. いつでも技術相談ができるプロ講師
  3. 元IT企業CTO監修のカリキュラム

条件なしでこのレベルの環境を無料で提供しているのはZeroPlus Gateだけです。
ただし、無料サービスの提供には参加者の数に制限があります。

少しでも興味がある方は、以下のリンクからサービスの詳細をご覧ください。

今すぐZeroPlus Gateの詳細を見る

 

\ 学んだことをSNSでシェアしよう /

この記事の執筆者

ZeroPlus Media変種部

ZeroPlus Media編集部

ZeroPlusは、「フリーランス特化型プログラミングスクール」です。ZeroPlus Mediaでは、フリーランスとして活躍する際に役立つ有益なプログラミングやWeb制作に関する情報を発信しています。

質問について

ZeroPlus Media読者限定で質問対応をおこなっています。以下の2つの方法で質問を受け付けています。

選べる2つの質問方法

1

Google Foam(テキスト)で質問

mail

フォーム送信

メールで解答

formで質問
2

Google meet(オンラインmtg)で質問

meet

日時選択

メールを受け取る

メールからmtgに参加

meetで質問
ZeroPlus Gateについて

あなたの目的に合わせた2つのサービス

あなたの目的に合わせたZeroPlusの2つのサービス
基礎からフリーランスレベルまで本質的な学びを提供しています

完全無料!30日間で学びきれる
プログラミンスクールZeroPlus Gate

  • お金をかけずに、学習を進めたい
  • Webサイトを作れるようになりたい
  • メンターや講師に質問しながら学習したい

詳しくはこちらから

フリーランス特化型
プログラミングスクール ZeroPlus

  • プログラミング学習で悩んでいる
  • 仲間と一緒に学習したい
  • フリーランスとしての総合的な力を養いたい

詳しくはこちらから