ZeroPlus Gateについて

\ シェア /

FacBook
Twitter
LINE
はてブ
PPocket
ZeroPlus Media > キャリア > プログラミング学習 > ポテパンキャンプの評判は?本当にエンジニアに転職できるか口コミ調査

ポテパンキャンプの評判は?本当にエンジニアに転職できるか口コミ調査

プログラミング学習

2023/12/04

2024/05/17

ポテパンキャンプは、未経験からエンジニアへのキャリアチェンジを目指せるプログラミングスクールです。

実践的なカリキュラムを通じて高い水準のスキルを身につけながら、自社開発企業への転職を実現している卒業生が多くいます。今後エンジニアとして働いていきたいと考える方にとっては、非常に魅力的なスクールですよね。

しかし、ポテパンキャンプの公式サイトを見るだけでは、良いことしか書いていないように感じられて、実際のところ自分に適したスクールなのかよく分からないところもあるのではないでしょうか?

受講を検討しているスクールへ本当に通うべきかどうかを適切に判断するためには、口コミを収集しつつ評判を知るのが有効な手段といえます。公式サイトでは見えない、スクールの真の姿がつかめるからです。

この記事では、数あるポテパンキャンプの口コミの中から「参考になる意見」をピックアップして紹介するとともに、スクールの強みや受講する際の注意点についても解説しています。最後までお読みいただけるとポテパンキャンプが自分に適しているか明確になり、受講を検討しやすくなります。

この記事はこんな人に向けて書きました
  • ポテパンキャンプの評判を知りたい方
  • ポテパンキャンプの特徴について知りたい方
  • ポテパンキャンプが自分に合うスクールかを知りたい方

    無料でプログラミングの質問ができるサービス

    30日間無料でWeb制作が学べるZeroPlus Gate!

    • Web制作に特化
    • 50本以上の動画教材で学べる
    • 30日間に4回の学習サポート面談がある
    • Slackで質問し放題

    公式サイトを見る

    目次

    ポテパンキャンプはどんなスクール?基本情報を紹介

    ポテパンキャンプは、プログラミング言語「Ruby」を使ったWeb開発技術を高い水準で学びつつ、エンジニアへのキャリアチェンジを目指せるオンラインプログラミングスクールです。

    豊富な実践課題に取り組み、現役のエンジニア講師からレビューを受けるといったサイクルを繰り返しながら、現場レベルのプログラミングを身に付けられます。

    またポテパンキャンプは、就職・転職サポートに非常に長けたスクールです。

    運営元の株式会社ポテパンは、スクール事業とは別に約1万人が利用する転職支援サービスを運営しています。企業と求職者をマッチングさせるなかで蓄積するノウハウをもとに、企業の求めている人材像を正確に捉えたうえで転職サポートを行っているため、他のスクールと比較しても高い水準でWeb系開発企業への転職を実現できるのです。

    ポテパンキャンプ公式サイト

     

    【必読】ポテパンキャンプの評判を知る前に押さえておくべきポイント

    ポテパンキャンプの評判を知るまえに、前提として押さえておくべきポイントを紹介します。

     

    カリキュラムの難易度が高い

    「ポテパンキャンプのカリキュラムは難しい」といった口コミは、多く見受けられました。

    ポテパンキャンプは「とりあえず転職を実現させられればよい」という考えで運営されているわけではありません。「現場で即戦力になる人材を育成する」といった確固たる理念があるスクールのため、提供されるカリキュラムはハードです。

    こう聞くと「未経験者がチャレンジできるスクールではないの?」といった疑問が浮かぶかと思います。

    その点、公式サイトが公表するデータによると、全受講生のうち未経験者の割合は92%とのこと。プログラミング未経験の状態でポテパンキャンプに参加する方がほとんどのようです。決して、経験がなければ取り組めないわけではありません。

    しかし、カリキュラムが難しい点をあらかじめ理解したうえで、それでも学び切る覚悟を持って参加しなければ、振り落とされてしまう可能性は大いにあります。

     

    あくまで自習スタイル

    ポテパンキャンプの学習環境はあくまで自習スタイルです。

    スクールによっては、一人ひとりの受講者に担当講師が付き、学習進捗を管理してくれるケースがあります。こうしたスクールを受講する場合、自分で学習計画を立てたり、スケジュールに沿って学んだりするのが苦手な方でも、講師からある程度の強制力を受けながら学び進められます。

    一方でポテパンキャンプの場合はカリキュラムを学び進めつつ課題を提出し、講師からコードレビューをもらうといったサイクルを自分で回していく必要があります。担当の講師はいませんし、学習進捗をチェックされることもありません。全て自分の意思で取り組まなければならないのです。

    そのため、他のスクールと比べて強い自主性が問われます。

     

    期限内にカリキュラムを終えられない場合には延長料金がかかる

    学習期限の5ヶ月以内にカリキュラムを終えられない場合、学習期間を延長する必要があります。この場合、追加料金がかかる点に注意が必要です。

    以下の口コミをご覧ください。

    他社のスクールより比較的やすい方だと思います。正直、カリキュラムの内容に44万円は高いと感じるかもしれませんが、転職サポート込みの値段としては破格です。注意点としては、5ヶ月の期間内にカリキュラムを終了できなかった場合、延長は1ヶ月単位です。極端な話、1日だけオーバーしてしまう場合でも1ヶ月分の8万円を追加で支払う必要があります。
    引用:プロリア

    紹介した口コミにあるように、期限内にカリキュラムを修了できなければ、延長するかリタイアするかの選択に迫られます。延長を選ぶ場合、1ヶ月あたり88,000円(税込)の追加料金がかかる点は、あらかじめ押さえておく必要があります。

     

    転職サポートを受けられるのはカリキュラムを修了した人のみ

    ポテパンキャンプの転職サポートが受けられるのは、カリキュラムを修了した人のみです。

    以下の口コミをご覧ください。

    転職サポートはすべてのカリキュラムを終了した人だけだが受けることができます。期間内にカリキュラムを終了できなかった場合、リタイアか期間延長(1ヶ月単位)となります。
    引用:プロリア

    他のITスクールでは、カリキュラムの途中でプログラミング学習と並行して転職サポートが開始されるケースがほとんどです。

    一方、ポテパンキャンプはカリキュラムを終えてからでないと、転職サポートを受けられません。カリキュラムの難易度の高さと相まって、転職サポートを受けるまでのハードルが高めなスクールといえるでしょう。

     

    ポテパンキャンプの評判まとめ

    スクールの評判を知るためには、口コミの収集が大変有効です。とはいえ膨大な情報の溢れるネットの中から、参考になる口コミを抽出するのは非常に大変ですよね。

    ここではポテパンキャンプの評判を知るうえで、参考になる口コミをピックアップして紹介しています。

     

    ポテパンキャンプの悪い口コミ

    ポテパンキャンプは未経験からWeb開発系のエンジニアとして転職を目指せますが、先述したとおりシビアな面が際立つスクールです。受講を検討するうえでは、ネガティブな評判が気になるところではないでしょうか?

    そこで悪い口コミから先に紹介します。

     

    カリキュラムに誤字脱字が多かった

    カリキュラムは誤字脱字が多く、コードにも間違いがありました。指摘したらすぐに直していただきましたが、カリキュラムがwebサイトなので日々更新されていってしまい、正誤対照表みたいなのを用意するとか、更新履歴を記載するとかしないと、受講生が後で振り返った時に「あれ?ここ変わってる」となり混乱するのではと思いました。
    引用:プロリア

    一部カリキュラムに誤字脱字や日本語表現の曖昧な箇所があることです。単純に何度か読み返さないと内容が入ってこない箇所がありました。ただし、こちらは私がカリキュラムをスタートしてすぐの頃に指摘させていただき、「現在少しずつ改修中」と回答いただいたので、もしかしたら既に改善されているかもしれません
    引用:プロリア

    カリキュラムに誤字脱字が多い。句読点がなく読みづらいチャプターもあり。誤記については問い合わせたらすぐに対応はしてくださった。
    引用:コエテコキャンパス

    カリキュラムのテキストに誤字脱字が多かったり、読みづらい箇所があったりするといった意見が複数見受けられたため、ここで紹介します。

    スクールの受講を検討するうえでは、さして大きな問題ではないように感じられるかもしれません。しかし、ただでさえ理解が難しいプログラミングの分野。文章の読みづらさが伴うと分かりづらさが増大して、大きなストレスになる可能性があります。

    カリキュラム内容について気づいた点を報告すればすぐに修正対応を実施してくれるようですが、それも毎回だとうんざりしてしまうかもしれません。

     

    料金が高く感じられた

    転職サポートがとにかく素晴らしいのでそれだけでも価値がありましたが、カリキュラムと講師の質を考えると44万円はやや高く感じました。
    引用:プロリア

    他のスクールに比べると安いですが、一般人にはやはり高かったため、この評価にいたしました。また、1ヶ月単位で延長できるのですが、その金額も8万円/月 ととても高かったです。
    引用:コエテコキャンパス

    料金が高く感じられたという意見です。

    ポテパンキャンプのコースは2023年12月現在「Railsキャリアコース」の1コースのみで、料金は44万円です。スクール業界全体で見ると100万円を超えるようなスクールもあるため、比較すればさほど高額とはいえないものの、それでも大きな出費には違いありません。

    また受講期限以内にカリキュラムを修了できない場合、受講期間延長には1ヶ月あたり88,000円(税込)がかかる点にも注意が必要です。なるべく費用負担を大きくしないためにも、延長せず学び切れるよう学習スケジュールを綿密に立てることが肝要になるでしょう。

    無料でプログラミングの基礎、学びませんか?

    ZeroPlus Gateの詳しいサービス内容を見てみる

    30日間でHTML/CSSの基礎がしっかり身に付きます

    講師の質に差があった

    メンターさんは良かったですが、コードレビューの講師陣がピンキリでした。アドバイスの質もバラバラでしたし、自分が書いた PRコメントやチャットで事前相談していたことを全く無視してレビューされる方もいて、講師たちの連携のなさが気になりました。
    引用:プロリア

    働きながら勉強していたので、質問やチャットの対応の時間帯が長かったのはありがたかったです。ただやはり質問箱を見ていても、講師と受講生で意思の疎通が取れず揉めているのをよく見かけたので、(受講生にも非があるとは思いますが)講師の質にも差があるなと感じました。
    引用:プロリア

    質問の回答文の書き方?口調?が少しキツく感じました。もう少し丁寧な口調で書いたり、初心者の気持ちに寄り添って質問に回答していただけると、もっと良いのにと感じることが多々ありました。
    引用:コエテコキャンパス

    講師同士の連携が取れていない。人によってアドバイスの質がバラバラすぎる。自分がPRコメントに書いたことを全く見ずにコメントする方がいる。
    引用:コエテコキャンパス

    なぜそう書くべきなのか?こう書いた方が良いという細かいレビューをしてくれる方もいた一方で、ここ変えてください程度のレビューで理由や方向性を教えてくれない方もいて、ムラがある印象でした。
    引用:コエテコキャンパス

    講師の質に差があるという意見です。

    コードレビューを受ける際に丁寧にアドバイスする講師がいる一方、あっさりとした助言しか与えない講師口調のきつい講師もいるようです。

    どこのプログラミングスクールでも、講師の質に差があるといった口コミは少なからず存在するものです。しかし、ポテパンキャンプのように受講生専属の講師がいないスクールでは様々な相手から指導を受けることになります。そのため講師の質の差に対し、ストレスを感じやすいのかもしれません。

     

    カリキュラムの難易度が高かった

    教えてくれる講師も、バリバリの現役エンジニアのため、話す言葉の選択や話題についても全て納得できるといった印象です。でも、その分だけある程度のスキルや知識を持ち合わせていない私にとっての苦労は絶えませんでした。「授業について行くだけで精一杯」というのが正直なところだったかもしれません。

    ポテパンキャンプのカリキュラムでは、実在するECサイトに機能を実装していくため、常に緊張感の連続です。サイト自体の難易度はそれほど高くはないものの、失敗できないという気持ちが高まります。
    引用:GoodCode

    「ポテパンのカリキュラムは難しい」と言われていますが、本当にそうだと思います笑 ただ、難しい内容であっても取り組む姿勢がないとエンジニアになってから苦労するので、個人的にはとてもよかったです。

    余談ですが、受講前にProgateでHTML,CSS,Javascript,Ruby,Ruby on Railsらへんは最低限触っておくことをお勧めします。事前にやっておくことでなんとなく概要がわかりますし、そこで挫折するようならポテパンのカリキュラムも挫折する可能性があります...
    引用:Googleマップ

    カリキュラムが難しいといった意見は、非常に多く寄せられています。

    ポテパンキャンプのカリキュラムを通じて目指す到達点は、単に「IT企業への転職」ではありません。「転職後に即戦力となれる水準の技術習得」を目指します。そのため取り組む課題のレベルが非常に高いのです。

    受講に際しては事前にプログラミングに関する予習を行い、受講に向けた準備をしておくことを強くおすすめします。以下のように学習サービス「Progate」で予習を行ってから、ポテパンキャンプの受講に臨むのがおすすめといった意見は複数見受けられました。

    ・ある程度の時間が取れないと、カリキュラムが思うように進みません。
    ・Progateなどでの予備知識があると理解が早まります。
    ・カリキュラムがなかなか難しいため、学習意欲や自走力が低めの方は挫折してしまう可能性があります。
    引用:コエテコキャンパス

    私はProgateをかじってから受講したんですが、プログラミングに触れたことが全くないという人にとっては少し難しく感じるかもしれません。
    引用:プロリア

    数年前にポテパンで学習し、現在はフリーランスエンジニアとして活躍している知人から紹介してもらったことがきっかけです。あとは価格の安さと転職サポートに強みを持っていることが決め手でした。受講前にはProgateでHTML,CSS,Javascript,Ruby,Ruby on Rails,コマンドラインあたりはやっておいた方がいいと思います。ポテパンのカリキュラムでは、半分以上の期間をRuby on Railsの学習に費やすことになりますが、その前にHTML,CSSで苦戦してしまったり、自分には合わないと思った場合、高確率でカリキュラムを終えることができないと思います。
    引用:プロリア

    ポテパンキャンプは、カリキュラムを受講期間以内に終えられない場合、期間延長に追加料金のかかるスクールです。そのため、ある程度の事前学習は行った方がよいでしょう。最低でもポテパンキャンプに受講して初月に学ぶ、HTML/CSSの基礎知識は押さえてから受講に臨むべきです。

    無料でHTML/CSSの基礎を学べる30日間のプログラミングスクール

    ZeroPlus Gateのサービスを詳しく見る

    費用が一切かからないサービスです!

     

    自主性が問われる

    基本的には自分で進めていくスタイルです。当然ですが、カリキュラムの進捗がどれだけ悪くても、自分で質問するか自分で学習して解決しない限り、進んでいくことはありません。
    引用:プロリア

    拘束力は弱い

    オンラインスクールで、カリキュラムを一人で進めていくスタイルなので

    挫折しやすいと感じた。

    サボっても介入されることもないので、しっかりとプログラミング学習を継続できるかは自分次第。
    引用:GoodCode

    基本的にプログラミングスクールで学ぶうえでは、ある程度の自主性が問われるものと捉えておくべきでしょう。手取り足取りサポートを受けているだけでは、エンジニアへのキャリアチェンジの実現は難しいものです。

    しかし、ポテパンキャンプは徹底した自習スタイルのスクールのため、学習の進捗管理や課題提出、ポートフォリオの制作など、広範囲にわたって自主的に行わなければならない面があります。

    一方で学習の進捗確認を定期的に受けられたり、課題やポートフォリオの提出が必須になっていたりと、ある程度の強制力を受けながら学べるスクールは他にあります。

    ポテパンキャンプの場合は強制されるものはなく、自分の意思で取り組む必要があるため、自主性に自信のない場合には不向きな可能性があります。

     

    ポテパンキャンプの良い口コミ

    ポテパンキャンプの良い口コミを紹介します。

     

    カリキュラムを通じて実践的な技術が身についた

    Railsの基礎としてRailsチュートリアルを学んだ後に、業務をもしたECサイトの改修のカリキュラムに移ります。他スクールでは簡単なメモアプリやTwitterクローンのようなものしか学べなかったので、この経験は大変ありがたかったです。
    引用:プロリア

    良かった点は、難易度が高く、DockerやCircleCIなど実務で使えるレベルの知識を学べたことです。簡単に卒業できる程度の難易度ではプログラミングスクールに通う必要がないと思っていたため、適切な難易度であったと感じました。
    引用:プロリア

    カリキュラムを通じて、実践的な力が身についたといった意見です。

    プログラミングスクールの中には、未経験者が取り組みやすいように基礎的な内容に絞って指導を行うスクールがあります。確かに誰でも挫折なく学び切れる良さはありますが、現場で通用する水準の技術が身につくかというと疑問です。

    一方、ポテパンキャンプでは、実務を意識した本格的なカリキュラムを通じて、現場で即戦力になれる水準のスキルが身に付きます。その分、他のスクールに比べてカリキュラムの難易度の高さも際立っています。

    実践的な力を身につけるため、手応えのあるカリキュラムで学べる点を歓迎できるかどうかが、ポテパンキャンプを受講すべきかどうかを判断するうえでの決め手になるでしょう。

     

    提出した課題に対し丁寧なレビューをもらえた

    講師やメンターについて満足しております。私の担当の方は比較的若い方で年齢もおそらく近かった為、気軽に相談することができました。カリキュラムの後半では現役エンジニアの方に直接レビューを頂けますが、厳しいレビューである為、自走力がついたと思います。もう少し優しい字面で仰ってくださればもっと良いと思いました。
    引用:プロリア

    現役エンジニアから詳細なレビューを受けることができる。 エンジニア転職をすると、コードレビューの文化がある企業が多いと思うので、 レビューを受けた箇所を修正する、Githubを適切に使用する、ブランチを切って作業する といった現場で必要なスキルが学べた。
    引用:GoodCode

    現役エンジニアの方からのレビューがとても良かったです。特に良いと感じた点は、コードの書き方はあっているが、このようにすると現場で使われているコードになるというようなアドバイスが頂ける為、現場を意識した学習をすることができます。
    引用:コエテコキャンパス

    カリキュラムが実践的であり、現役のエンジニアの方がメンターとなってくれるので安心感があります。コードレビューは結構厳しめにして頂けるので勉強になります。
    引用:コエテコキャンパス

    提出した課題に対して、丁寧なレビューをもらえたといった体験談です。

    ポテパンキャンプでは課題を提出して、講師からレビューを受けるといったサイクルを繰り返しながら実践的な力を養います。ときには忖度のない厳しいコードレビューを受けることもあるようです。

    ただしスクール在学中のうちに厳しめなコードレビューを経験しておくことは、将来にとってプラスでしかありません。

    エンジニアの世界はレビュー文化です。上司からコードレビューをもらいながら、技術を磨いていく必要があります。スクール在学時に甘いレビューばかり受けていては、いざ現場に入ってからレビューの厳しさに対しギャップを感じてしまい、ショックを受けてしまうかもしれません。

    現場のスピード感についていくためには感情に振り回されることなく、上司からのレビュー内容を真摯に受け止め、次に活かす必要があります。そのためにも、コードレビューに慣れておくメリットは大きいのです。

     

    夜遅くまで質問を受け付けてもらえる

    質問対応時間が23時までだったので、日々忙しい人や時間がない人にとても良心的であると感じました。
    引用:プロリア

    ポテパンキャンプでは学習中に疑問が生じた場合に、専用の質問サイトを通じて講師へと回数無制限で質問できます。

    この質問サポートは毎日10時〜23時まで受け付けてもらえます。夜遅くなっても対応してもらえるため、働きながらの受講であっても学びやすいのです。

     

    過去の受講生の質問内容が閲覧できて効率的

    基本的には独学ですが、過去の受講生の質問及びそれに対する講師の回答が見られたのが非常に役立ちました。疑問点があれば質問も当然可能ですが、自分で質問する必要がない程度には回答がそろっており、非常に良かったと思います。
    引用:プロリア

    わからない箇所は質問掲示板で質問すれば回答がもらえるので助かりました。過去の他の方の質問回答も見られるので、環境依存のエラーなども解決しやすかったです。
    引用:プロリア

    質問サイトの掲示板ページには、過去の受講生の質問に対する講師の回答が公開されており、誰でも閲覧できるようになっています。

    質問掲示板の存在が、学習効率を高めるために一役買っているようです。

    質問内容をテキストにまとめて講師に送付するまでには、労力を要します。そのうえ質問の意図が伝わらなければ、何度もやりとりしなければならないこともあるわけです。

    その点、質問掲示板を利用すれば、質問を作成する手間はありません。抱えている疑問を速やかに解決できることも度々あるようです。

     

    問題解決力が身につく

    コードレビュー時に問題やエラーの答えを教えるのではなく、その問題やエラーを解決するためのヒントやプロセスを教えて下さったことがとても良かったと思います。 実際、個人開発のポートフォリオを作成するときも自分で考えて調べる習慣が身についていたので、エラーが出ても自分で解決することができるようになりました。
    引用:プロリア

    ただポテパンキャンプは現場で通用する自走力を身に着けてもらうことを第一に考えているので、答えを教えるような指導はまずありません。受講者に調べさせ、メンターはそのサポートをするスタンスなので、いい意味で厳しいです。
    引用:プロリア

    評判通り良い意味での距離感があり、個人的には期待通りのサポート内容でした。 具体的には、エラー発生等でつまづいた際の質問に対しては、解決策を教えるのではなく解決策を見つけるための思考プロセスをご教授頂けるようなアプローチで、あくまで自己解決できるようになるためのサポートというようなスタンスでした。
    引用:プロリア

    質問ボックスではいきなり答えを教えるのではなく、ヒントを出してゴールまで自分で行く手助けをしてくれるので、エンジニアとして避けては通れないエラーに対する対応力もかなりつくと思います。
    引用:プロリア

    現役エンジニアの方々が回答してくださるのですが、問題やエラー解決のための回答を「〜してください。」みたいにそのまま回答するのではなく、その問題やエラーを解決するためのヒントやプロセスを「〜してみてはどうですか?」「〜の部分はどんなことを指し示しているでしょうか?」といった具合で回答してくださりました。

    自分で問題やエラー解決のためにその問題やエラーがなぜ起こったのか原因を追求し、そのためにどんなことをすべきか調べるべきかといったエンジニアとして一番重要な考え方を教わることができるのでとてもお勧めです。
    引用:Googleマップ

    エンジニアに必須となる、問題解決能力が身についたといった意見です。

    たとえば学習中にエラーが生じて、講師へ質問したとしましょう。ポテハンキャンプの指導方針として、講師は質問に対する「答え」を教えてくれるわけではありません。問題解決の糸口となる「ヒント」のみを提示するスタンスを取ります。受講者はヒントをもとに自分で調べて解決するため、問題解決能力が養えるのです。

    現役エンジニアは、常にエラーの対処方法を調べながら業務を進めているものです。そのため問題解決能力は、エンジニアへキャリアチェンジするうえで必須となる能力といえます。

     

    転職サポートが手厚い

    私が最も伝えたいことは転職サポートが最高すぎるということです!履歴書や職務経歴書の添削だけでなく、模擬面接もやってもらえます。また、私の場合は選考期間中に不安なことが多く、かなり頻繁に連絡させていただきましたが、いつも爆速でレスポンスをしてもらえました(鈴木さんありがとうございました🙇‍♂️) なのでただの企業紹介ではなく、本当にサポートしてもらえます。また、個人的には企業との面接日程の調整をやってもらえるのもプラスポイントです。仕事をしながら複数社の選考を同時に進めるので、日程調整を自分でやっていたらかなり面倒だっただろうなと思います。
    引用:Googleマップ

    履歴書・職務経歴書の添削、模擬面接など丁寧に対応して頂きました。自分では気づくことのできない視点から教えていただき、とても参考になることが多かったです。また開発のできる求人を多数紹介してもらえるのは最大の強みかと思います。
    引用:プロリア

    ポートフォリオ、履歴書、職務経歴書の作成時や模擬面接時に修正すべき箇所や追加すべき箇所を丁寧にコメントして下さったので、自分という商品の魅力を最大限に引き出すことができたのではないかと考えております。 また、提携している自社開発企業を自分が想定していたよりも多く紹介していただけたので、自分の進みたい方向に近い環境を選択することができた点にも大変感謝しております。 悪い点や不満点は特になかったです。
    引用:プロリア

    未経験でフルリモート勤務というかなり無謀な条件を希望していたのですが、きちんと募集企業を選定してくださって助かりました。履歴書の添削や面接の練習もしてもらい、地力がつくようにサポートしてもらえました。
    引用:プロリア

    転職サポートの手厚さを評価する声は、好意的な口コミの中でも最も多くの件数を集めていた点です。

    転職サポートでは、ポートフォリオ作成支援履歴書の添削模擬面接などを受けられます。といってもこれらのサポート内容は、他の転職サポート付きプログラミングスクールと比べて大きく異なるわけではありません。

    しかし、ポテパンエンジニアの運営元である株式会社ポテパンは、転職支援サービスを運営している企業です。そのためどのような人材が現場で求められているかを熟知しており、的確なフォローアップが行えるのです。

    また転職サポートサービスを通じて、多くのIT企業と提携しているのもポテパンキャンプの強みといえます。

    私が一番満足度が高かった点は、転職サポートです。履歴書、職務経歴書の添削から面接練習、数十社の魅力的な企業様の紹介、面接後のフォローなどなど転職に関する様々なことをサポートして頂けます!webエンジニアになりたい方は一度ポテパンキャンプの無料カウンセリングを受けてみてください!
    引用:Googleマップ

    紹介企業も30社以上を頂きました。応募先とのやり取りもサポート担当の方頂けるのでとてもスムーズに転職活動ができたと思います。結果、応募開始から2週間以内に2社から内定を頂けました。
    引用:コエテコキャンパス

    受託開発、自社開発の企業を20社ほど紹介して頂き、ポートフォリオの添削、アドバイス、模擬面接での受け答えのアドバイスなど転職サポートについてはとても良かったです。
    引用:プロリア

    このように一人あたり20社以上の求人を紹介してもらえるため、内定を獲得しやすい環境なのです。この内定の得やすさこそ、ポテパンキャンプの転職サービスに対する満足度の高さに直結しています。

     

    コストパフォーマンスが高い

    社開発企業・受託開発企業へ就職出来る可能性が高く、失敗した場合全額返金保証があって44万は安いと思います。最後までやり切る覚悟がある方であればコスパは良いと思います。
    引用:プロリア

    料金については比較的安いかと思います。私にとっては転職サポートの充実度がプログラミングスクール選びの決め手であったため、料金が安くても転職が難しいようなことがあれば評価しかねますが、非常に満足いく転職サポートをうけることができたので良かったと思っています。
    引用:プロリア

    転職サポートの流れとしては、①ヒアリング、今後の流れの説明②企業の紹介③興味のある企業への履歴書、職務経歴書の作成④面接日程の調整といった形です。①の時点でかなり詳細に教えてもらえるので、不安を最小化した状態で進めることができます。ポテパンの転職サポートの良さについては先述の通りですが、私は間違いなくこの転職サポートこそがポテパンの一番の価値であり、他社よりも圧倒的に優れている部分だと思います。このために44万円を払っていると思っても安いと思います。
    引用:プロリア

    こちらも大変良かったと思います。 私は、Railsキャリアコースを受講させていただき、総額およそ40万円程度で受講させていただくことができました。 コースの内容やクオリティから考えても、エンジニアになることができれば後で十分取り戻すことができ、良い自己投資になったと考えております。
    引用:プロリア

    私個人の意見ですが、自社開発企業・受託開発企業へ就職出来る可能性が高く、失敗した場合全額返金保証があって44万は安いと思います。最後までやり切る覚悟がある方であればコスパは良いと思います。
    引用:プロリア

    ポテパンキャンプはコスパが高いといった意見です。プログラミングスクールには「価格の安いスクール」「コスパの高いスクール」の2種類があります。

    価格の安いスクールとは文字通り、スクールの相場よりも安い料金で通学できるスクールです。一方コスパの高いスクールは、サポート内容を考慮したときに支払った料金以上の価値を実感できるのが特徴です。

    ポテパンスクールは後者の「コスパが高いスクール」といえるでしょう。

    44万円の料金は、決して安い金額ではありません。しかし、IT業界の実態に即した実践的なカリキュラムと、手厚い転職サービスが受けられることから、総じて「コスパが高かった」と感じている卒業生が多いのです。

     

    ポテパンキャンプ「Railsキャリアコース」の詳細

    従来、ポテパンキャンプでは複数のコースが展開されていましたが、現在受講できるのはRailsキャリアコースのみです。

    Railsキャリアコースを受講すれば、プログラミング言語「Ruby」フレームワーク「Ruby on Rails」を学びつつ、5ヶ月間で未経験からエンジニア転職を目指せます。

    RubyとはWebサービス開発や、Webアプリ開発に使われるプログラミング言語です。フレームワーク「Ruby on Rails」を使えば、よりスムーズにRubyを使った開発が実現できます。

    Rubyは比較的習得しやすいうえに、多くの開発現場で使われており活躍のフィールドが広いなど利点が多いため、エンジニアを目指すうえで学んでおくべき言語のひとつです。

    ここではRailsキャリアコースのカリキュラムの流れを紹介します。

    Railsキャリアコースの学習スケジュール

    1ヶ月目

    HTML/CSS/
    JavaScript
    基礎学習

    テキストや動画を元にして、HTML/CSS、JavaScriptのインプット学習を行います。

    後半はサイト模写やストップウォッチアプリの開発など実践的な課題に取り組みます。

    2ヶ月目

    Ruby 基礎学習

    Rubyの学習を行っていきます。

    変数・データ型・条件分岐・関数など基本的な学習を行ってから、実際にメモアプリの開発に取り組みます。

    3ヶ月目

    Ruby on Rails
    基礎学習

    Railsの仕組みや、MVC・CRUD操作について基本的な学習を行います。

    その後、実際にスケジュールアプリや、宿泊予約サイトなどの開発に取り組みます。

    4〜5ヶ月目

    模擬プロジェクト開発

    現場と同じ流れで模擬開発を行います。

    自分の書いたコードに対しレビューをもらいつつ、品質に問題のない水準まで到達すれば、また次の課題に取り組むといったサイクルを繰り返します。

    上記のように、3ヶ月間プログラミングの基礎を学んだあと、後半の2ヶ月間は模擬開発に注力するといったスケジュールで自走力を高めていけるのが、Railsキャリアコースのカリキュラムです。

    無料でプログラミングの基礎を学ぶならZeroPlus Gate

    ポテパンキャンプでは、実践的なカリキュラムを通じて自走力をしっかり高められます。
    そのためWeb開発企業への転職も実現しやすいでしょう。

    とはいえ学習スケジュールが過密なうえに、カリキュラムの難易度が高いと評判のスクールです。
    受講前にプログラミングについて予習しておかなければ、挫折してしまうかもしれません。

    ポテパンキャンプの受講を検討しているならば「ついていけるかな……」と少し不安な気持ちになりませんか?

    そんなあなたには無料のプログラミングスクール「ZeroPlus Gate」がおすすめです。

    ZeroPlus Gateでは30日間でプログラミングの基礎を押さえられます。
    ポテパンキャンプの1ヶ月目で取り組むことになるHTML/CSSの基礎が身に付くため、予習の場として最適です。

     

     

    Railsキャリアコースの料金は給付制度利用でお得に

    2023年12月現在、Railsキャリアコースの料金は税込44万円です。しかし一定の条件を満たせば、経済産業省の給付制度を利用して、70%OFFの税込16万円で受講できます。

    引用:ポテパンキャンプ公式サイト

    給付金受給のための条件は以下の通りです。

    給付金受給のための条件は以下の通りです。

    ・本登録時に在職者(企業等と雇用契約を締結している者) であること

    雇用主の変更を伴う転職を目指していない方に該当しないこと

    ※詳細は無料カウンセリングにてご確認ください。

    ※国家公務員及び地方公務員の方は対象外となります。

    引用:ポテパンキャンプ「学習内容」

     

    原則として現在職に就いていて、転職を目指している方が対象となる制度です。それ以外に満たすべき細かな条件については、無料カウンセリング参加時に説明を受けられます。

    また具体的な給付金の受け取り方は以下の通りです。

    まずカリキュラム修了時に受講費用の50%が支給されます。その後、エンジニア転職を実現させ、1年間継続的に就業していることが確認された場合には、受講費用の20%に相当する金額が支給されます。

    すぐに全額を受け取れるような制度ではない点には、あらかじめ注意が必要です。

     

    ポテパンキャンプの転職サポート

    これまでお伝えしてきた通り、ポテパンキャンプは転職サポートが好評なスクールです。受講生の満足度が高い背景には、運営元である株式会社ポテパンがスクール事業と並行して転職サポートサービスを運営している点があります。

    転職サポートサービスの運用を通じて、採用企業の必要としている人材の特徴を熟知しているからこそ、的確な転職サポートを行えるわけです。

    またポテパンキャンプは「どんな企業でもいいから転職さえさせてしまえばOK」といった考えを持っていません。紹介する求人を厳選しています。「開発キャリアが積める環境かどうか」を選定の基準としており、受講生が入社後に開発経験が積めないといった事態におちいらないような配慮がなされています。

    具体的には以下のようなWeb系の自社開発企業を紹介してくれます。

    引用:ポテパンキャンプ公式サイト

    このように、紹介求人を厳選できるのは転職サポートサービスを運営しているポテパンならではといえます。

     

    ポテパンキャンプの転職サポートの流れ

    ポテパンキャンプの転職サポートの流れを紹介します。

    ポテパンキャンプの転職サポートの流れ

    STEP1

    カウンセリング

    キャリアカウンセラーから現在の状況のヒアリングと、転職活動の方向性やスケジュールについて提案を受けます。

    STEP2

    ポートフォリオ作成

    ポートフォリオの制作支援を受けながらオリジナル作品を完成させます。
    ポートフォリオとは第三者へ自身の技術をアピールするためのオリジナルアプリやWebサイトを指します。
    転職活動において、採用担当者に技術力をアピールする第二の履歴書として威力を発揮します。

    STEP3

    求人紹介

    ポテパンの提携企業のなかから求人紹介を受けます。

    STEP4

    書類添削・面接対策

    採用試験に向けた準備を行います。履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接を受けられます。

    上記の流れで転職サポートが進みます。

     

    ポテパンキャンプの4つの強み

    数あるスクールの中で光る、ポテパンキャンプの4つの強みを紹介します。

     

    カリキュラムを通じて実践的なスキルが身につく

    ポテパンキャンプでは、カリキュラムを通じて実践的なスキルが身に付きます。

    即戦力になれるような技術が受講を通して身につく背景には、カリキュラム後半に設けられた模擬プロジェクト開発が深く関わっています。

    模擬プロジェクト開発では、現場と同様の手順で開発を進めます。そのため、転職後にどんな流れでプロジェクトが進むのかつかめるようになるのです。また現場と遜色ない水準でエンジニア講師からコードレビューをもらえるため、短期間で実践的な力が身に付きます。

     

    質問サイトの活用で効率的に学習を進められる

    ポテパンキャンプのような自習スタイルのスクールの場合、疑問が生じたときに学習が行き詰まってしまうのではないかと不安になるかもしれません。

    しかし、ポテパンキャンプでは質問サイトを活用していつでも講師へ相談できるため、安心して学習に取り組めます。質問は毎日10時〜23時の幅広い時間帯で受け付けられており、受講者のライフスタイルを問われづらい点も魅力の一つです。

    またポテパンキャンプの特徴として、質問サイトには過去の受講生の質問が公開されています。質問内容をテキストにまとめて講師へ送付し、回答を待つといった手順を経ることなく、疑問が解消できます。

     

    厳選された開発企業の求人を紹介してもらえる

    ポテパンキャンプの特徴として、厳選された開発企業の求人を紹介してもらえます。運営元が転職支援サービスを運営しており、多くの開発企業と提携しているからこそ実現できる特徴といえます。

    求人紹介におけるポテパンキャンプのこだわりは「自社開発企業が100%」である点です。エンジニアの転職先となる企業には、自社開発企業と受託開発企業があります。

    受託開発企業では、主にクライアントに依頼されたとおりにシステムを開発することになります。エンジニアがクリエイティビティを発揮させながら業務に向き合う場面はほとんどありません。

    一方、自社開発企業ならば企画の立ち上げからプロジェクトに携われるため、エンジニアのアイデアが尊重されやすい傾向にあります。開発手法を選ぶ際の自由度の高さも魅力で、新しい技術を取り入れながらスキル向上も望めます。

    自社開発企業への転職を志望しているならば、ポテパンキャンプの受講がおすすめです。

     

    返金保証制度が付帯されているため安心して学べる

    ポテパンキャンプでは受講修了日の翌日から180日以内に内定を受けられなかった場合に、受講料の全額返金を受けられます。そのため他のスクールと比較して、安心して学習に取り組めるのです。

    ただし、以下のようなケースに該当する場合には返金保証の対象になりません。


    ① 受講コースにおいて課される最終課題の提出が完了していない卒業ユーザー

    ② 転職サポート開始時に30歳以上の卒業ユーザー

    ③ 東京エリアでの就職ができない卒業ユーザー

    ④ 受講コースにおいて課される最終課題終了後すぐの転職意思がない卒業ユーザー

    ⑤ 日本語の読み書きが困難で就業に支障が生ずる卒業ユーザー

    ⑥ 受講期間及び転職サポート期間中5日以上連絡が取れなかった卒業ユーザー

    ⑦ ポートフォリオ作成に60日以上かかり十分に転職活動ができなかった卒業ユーザー

    ⑧ 当社が紹介する企業に応募する意思が無い卒業ユーザー

    ⑨ 応募した企業から内定提示を受けた際に本人の意思で就職しない卒業ユーザー

    ⑩ 健康状態、病歴、犯罪履歴などの受講者固有の事由により、就職ができなかった卒業ユーザー

    ⑪ その他就職意思なしと当社が合理的に判断した転職ユーザー

    引用:ポテパンキャンプ「利用規約」

     

    ポテパンキャンプ受講における4つの注意点

    ポテパンキャンプ受講における4つの注意点を紹介します。

     

    カリキュラムがハード

    ポテハンキャンプは「エンジニアとして即戦力になれるレベル」を到達点としているため、とりわけカリキュラムがハードなスクールです。

    難易度の高い課題に取り組んだり、現場と同じ水準の厳しいコードレビューを受けたりするため、受講中は苦戦することが予測されます。

    ポテパンキャンプの公式サイトでは未経験者向けのスクールとうたわれていますが、鵜呑みにして全く予習をせずに受講してしまうと挫折につながりかねません。

    カリキュラムの序盤で学ぶHTML/CSSやJavaScriptの基礎は、あらかじめ押さえておくと受講後に大変スムーズです。

     

    転職サポートはカリキュラムの修了後しか受けられない

    通常のプログラミングスクールでは、転職サポートはカリキュラムの途中から受けられるケースが多いものです。しかしポテパンキャンプでは、転職サポートはカリキュラム修了後からしか受けられません。

    他のスクールと比較して、転職サポートを受けるまでのハードルが高い点はあらかじめ押さえておくべきでしょう。

     

    学習環境は独学に近い

    ポテパンキャンプの学習環境は独学に近い面があります。受講開始後はカリキュラムを自分で学び進めることが基本です。講師が学習の進捗を確認してくれたり、課題提出を促してくれることはありません。そのため受講生の自主性が強く問われる学習環境といえるのです。

    一方、講師と二人三脚で学習を進められるようなプログラミングスクールもあります。こうしたスクールでは、講師からある程度学習へ向かううえでの強制力を受けつつ、カリキュラムを学び抜きやすいメリットがあります。

    自主性にあまり自信がない方にとっては、ポテパンキャンプよりも学習のフォローアップが手厚いスクールを選択する方が無難かもしれません。

    あなただけの学習ロードマップを専属メンターと作ろう

    詳しいサービス内容を見る

    もうプログラミング学習で迷わない

     

    Macのパソコンが必要

    ポテパンキャンプの受講においては、Macのパソコンを準備する必要がある点については注意すべきです。既にMacのパソコンを所有している方であれば問題はありません。しかし、現在Windowsのパソコンしか持っていないという場合には、Macのパソコンを購入するコストが受講料と別に発生します。

    基本的にプログラミングスクールではMacとWindowsのパソコン、どちらを所有している場合でも参加可能なところが多いものです。そのためMacのパソコンを持っていなければ参加できない点は、ポテパンキャンプを受講する場合のデメリットといえます。

     

    無料カウンセリングへの参加方法を解説

    ポテパンキャンプへの関心が高まったら、無料カウンセリングへの参加がおすすめです。ここでは無料オンライン説明会への参加方法を紹介します。

     

    STEP1.公式サイトへアクセス

    以下のリンクより公式サイトへアクセスします。

    ポテパンキャンプ公式サイト

     

    STEP2.公式サイトTOPページ

    TOPページの「まずは無料カウンセリングへ」のボタンを選択します。

     

    STEP3.お申し込みページお申し込みページが表示されたら、画面を下へとスクロールさせます。

    入力フォームが表示されたら「氏名」や「メールアドレス」など、必要事項を記入します。

    入力フォームのすぐ下に表示されるスケジュール表のうち都合の良い日時を選択し「確認画面へ」のボタンをクリックします。

    これで無料カウンセリングの予約は完了です。

     

    ポテパンキャンプに関するQ&A

    ポテパンキャンプに関するQ&Aを紹介します。

    ポテパンキャンプの参加には年齢制限が定められていますか?
    いいえ。ポテパンキャンプの参加には年齢制限はありません。しかし、転職保証が付帯されているのは29歳までの受講者に限られます。
    給付金制度を活用して、ポテハンキャンプに参加するにはどうしたらよいですか?
    給付金制度を活用するためには、「現在仕事をしていること」「転職の意志があること」の2点を満たしている必要があります。いずれの条件も満たしている場合には、無料カウンセリングに参加して詳細をご確認ください。
    ポテパンキャンプを受講する際、必要なものはありますか?
    受講にはMacのパソコンが必要です。Windowsのパソコンでは参加できません。
    未経験でも参加できますか?
    未経験でも参加できます。ただし、カリキュラムが難しいと評判のスクールですので、ProgateZeroPlus Gateで、プログラミングの予習を行ってから参加することをおすすめします。
    料金の支払い方法を教えてください。
    銀行振り込みクレジットカード払い(分割可)が利用できます。
    いつから受講を開始できますか?
    毎週月曜日から受講をはじめられます。
    期間内にカリキュラムを修了できなかった場合どうなりますか?
    カリキュラムが修了するまで、転職サポートは利用できません。1ヶ月ごとに延長受講ができます。ただし、延長料金として1ヶ月あたり88,000円(税込)を支払う必要があります。

     

    まとめ:ポテパンキャンプなら転職後、即戦力になれるスキルを身につけられる

    この記事ではポテパンキャンプの評判について紹介しました。口コミの内容を以下にまとめましたので、再度ご確認ください。

    良い評判

    • カリキュラムを通じて実践的な技術が身につく
    • 提出した課題に対し丁寧なレビューをもらえた
    • 夜遅くまで質問を受け付けてもらえる
    • 過去の受講生の質問内容が閲覧できて効率的
    • 問題解決力が身につく
    • 転職サポートが手厚い
    • コストパフォーマンスが高い

    悪い評判

    • カリキュラムに誤字脱字が多かった
    • 料金が高く感じられた
    • 講師の質に差があった
    • カリキュラムの難易度は高かった
    • 自主性が求められる

    ポテパンキャンプ実践的なカリキュラムを通じて、転職後に、即戦力になれるスキルを身につけられるスクールです。また運営元が転職支援サービスを運用していることもあり、採用企業の求める人材像に即した、的確な転職サポートが受けられるのも大きな強みといえます。

    しかし、目指すレベルが高い分カリキュラムの難易度が高く、他のスクールと比べてもハードな面があります。またカリキュラムの期限が5ヶ月と決められており、完了させられなければリタイアするか、追加料金を支払って延長するかを選択しなければなりません。さらには、カリキュラムを修了してからでないと転職サポートを受けられないなどシビアな環境です。

    この記事を参考にポテパンキャンプに通うメリットとデメリットをしっかり押さえたうえで、受講を検討してみましょう。

    ZeroPlus Gateについて

    プログラミング学習でこのような経験はありませんか?

    1. 目標に向けて何を学べば良いかわからない
    2. 調べても解決策が見つからない
    3. 現場レベルのスキルが身につくのか不安

    これらの悩みは、学習環境を整えることで全て解決することができます。

    ZeroPlus Gateでは、30日間無料で最適な学習環境を提供しています。

    1. なんでも相談できる専属メンター
    2. いつでも技術相談ができるプロ講師
    3. 元IT企業CTO監修のカリキュラム

    条件なしでこのレベルの環境を無料で提供しているのはZeroPlus Gateだけです。
    ただし、無料サービスの提供には参加者の数に制限があります。

    少しでも興味がある方は、以下のリンクからサービスの詳細をご覧ください。

    今すぐZeroPlus Gateの詳細を見る

    \ 学んだことをSNSでシェアしよう /

    この記事の執筆者

    ZeroPlus Media変種部

    ZeroPlus Media編集部

    ZeroPlusは、「フリーランス特化型プログラミングスクール」です。ZeroPlus Mediaでは、フリーランスとして活躍する際に役立つ有益なプログラミングやWeb制作に関する情報を発信しています。

    目次

    質問について

    ZeroPlus Media読者限定で質問対応をおこなっています。以下の2つの方法で質問を受け付けています。

    選べる2つの質問方法

    1

    Google Foam(テキスト)で質問

    mail

    フォーム送信

    メールで解答

    formで質問
    2

    Google meet(オンラインmtg)で質問

    meet

    日時選択

    メールを受け取る

    メールからmtgに参加

    meetで質問
    ZeroPlus Gateについて

    あなたの目的に合わせた2つのサービス

    あなたの目的に合わせたZeroPlusの2つのサービス
    基礎からフリーランスレベルまで本質的な学びを提供しています

    完全無料!30日間で学びきれる
    プログラミンスクールZeroPlus Gate

    • お金をかけずに、学習を進めたい
    • Webサイトを作れるようになりたい
    • メンターや講師に質問しながら学習したい

    詳しくはこちらから

    フリーランス特化型
    プログラミングスクール ZeroPlus

    • プログラミング学習で悩んでいる
    • 仲間と一緒に学習したい
    • フリーランスとしての総合的な力を養いたい

    詳しくはこちらから