ZeroPlus Gateについて

\ シェア /

FacBook
Twitter
LINE
はてブ
PPocket
ZeroPlus Media > Web制作 > Webデザイン > Webデザイナーに向いている人とは?

Webデザイナーに向いている人とは?

Webデザイン

2023/05/27

2023/11/30

  • 「Webデザイナーに興味あるけど、Webデザイナーに向いている人ってどんな特徴があるのか」
  • 「逆に、Webデザイナーに向いていない人の特徴は?」

Webデザイナーに興味や関心があるけど、向き・不向きが気になり不安に感じていませんか?

この記事ではそんな疑問に答えるために、「Webデザイナーに向いている人、向いていない人の特徴」について解説していきます。

この記事はこんな人に向けて書きました
  • 自分がWebデザイナーに向いているか知りたい人
  • Webデザイナーに必要なスキルが知りたい人
ZeroPlus Gateについて

プログラミング学習でこのような経験はありませんか?

  1. 目標に向けて何を学べば良いかわからない
  2. 調べても解決策が見つからない
  3. 現場レベルのスキルが身につくのか不安

これらの悩みは、学習環境を整えることで全て解決することができます。

ZeroPlus Gateでは、30日間無料で最適な学習環境を提供しています。

  1. なんでも相談できる専属メンター
  2. いつでも技術相談ができるプロ講師
  3. 元IT企業CTO監修のカリキュラム

条件なしでこのレベルの環境を無料で提供しているのはZeroPlus Gateだけです。
ただし、無料サービスの提供には参加者の数に制限があります。

少しでも興味がある方は、以下のリンクからサービスの詳細をご覧ください。

今すぐZeroPlus Gateの詳細を見る

メールマガジンバナー

 

Webデザイナーに向いている人とは

WebデザイナーとはWebのデザイン制作をする人のことです。Webデザイナーの仕事には例えば下記のようなものがあります。

  • バナーデザイン
  • ロゴデザイン
  • サイトデザイン
  • LPデザイン
  • ページリニューアル

Webデザインの仕事に関しては、下記でも解説しています。

 

Webデザイナーという職業になるために必要な資格はありません。未経験でも努力しだいでWebデザイナーになることができます。しかし、資格が必要ないとはいえ、実際Webデザイナーになるにはどんな人が向いているのでしょうか?

以下の項目が当てはまる人は、Webデザイナーに向いているかもしれません。

Webデザイナーに向いている人

  • クリエイティブな仕事をしたい人
  • 勉強することが好き、学ぶことが好きな人
  • コミュニケーション能力がある人
  • 自由な働き方をしたい人

もちろん自分がこれらに当てはまらないからといって、Webデザイナーになれないというわけではありません。これらの特徴は一般的な傾向の話なので、個人の努力しだいで上記の特徴に当てはまらなくてもWebデザイナーになることはできます。

 

クリエイティブな仕事をしたい人

Webデザイナーはクリエイティブな仕事です。クリエイティブな仕事とは「創造力のある仕事」全般を指しています。

Webデザイナーはゼロからバナーやロゴ、アイコン、Webサイトなどのデザインを制作します。Web上でカタチに残るものを創り上げていく仕事です。クライアントから求められるものやさまざまなアイデアをデザインに落とし込んでいく、発想力が必要になります。

絵やイラストを描くのが好き、頭の中のアイデアやイメージをカタチにしたいなど、そういったクリエイティブな仕事をしたい人にはおすすめです。

 

勉強することが好き、学ぶことが好きな人

Webの世界は技術の進歩が速い分野で、継続的な学習が必要です。新しい知識やスキルを楽しみながら吸収していける人、学んだ知識をもとに、独創的なアプローチやアイデアを生み出せる人は、この業界で大いに活躍できるはずです。

デザインは流行り廃りが激しいため、幅広く流行に敏感であることも大切です。クライアントによって作るデザインが異なってきます。クライアントの要望にあわせつつも、デザインのトレンドを取り入れることも必要です。

流行りのデザインだけでなく、新しいツールや機能も使えるようになるといいでしょう。そういった勉強やインプットが好きな人はWebデザイナーに向いているかもしれません。

 

コミュニケーション能力がある人

クライアントからヒアリングして、デザインに反映することもWebデザイナーの仕事のひとつです。クライアントによって作成するデザインが異なるので、クライアントの要望をくみ取る力や相手が伝えたいことを理解するコミュニケーション能力が必要になります。

また、作成したデザインをクライアントに提出する際にも「なぜこのようなデザインになったのか」「なぜこの配置にしたのか」などデザインの説明をするときがあります。作成したデザインを説明するために、伝える力も必要です。

このような理由から、Webデザイナーにはコミュニケーション力が必要とされます。人と話すのが好き・得意、という人は、意外にデザイナーに向いているかもしれません。

 

自由な働き方をしたい人

Webデザイナーはパソコンとインターネット環境があれば仕事ができるので、フリーランスや在宅ワークと相性がいい職業です。フリーランスの場合、複数のクライアントや企業から仕事を受注して仕事ができるので、一般的な会社員よりも収入が上がる可能性があります。

また、外出先にパソコンを持っていって仕事することもできますし、海外や在宅で仕事することも可能です。働き方の自由度が高い一方で、自分の気持ちや仕事次第では経済的・精神的に厳しい状況になってしまう可能性もはらんでいますので、留意しておきましょう。

 

フリーランスWebデザイナーに関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

 

Webデザイナーに向いていない人の特徴は?

Webデザイナーに向いていない人には、下記のような特徴があります。

  • クリエイティブな仕事に興味がない人
  • Webや技術(テクノロジー)への関心が低い人
  • コミュニケーション能力が低い人
  • 地道な作業ができない人

 

クリエイティブな仕事に興味がない人

Webデザイナーはクリエイティブな仕事です。クリエイティブな思考や発想、ときにはデザインセンスを持つことが求められるので、それらに関心がない人は向いていないかもしれません。興味や関心がないとデザインスキルの勉強をしても習得はなかなか難しいでしょう。

Webデザイナーはキレイさやおしゃれなデザインだけでなく、ユーザーが使いやすい設計を作ることも大事です。そのため、常にユーザー目線に立ちつつ、創造力・想像力やアイデアを形にする力が求められます。

これらの力が欠けていると、ユーザーにとって使いやすく、クライアントの目的を達成できるデザインを作るのは難しくなります。

 

Webや技術(テクノロジー)への関心が低い人

Webデザイナーは最新のWeb技術やデザインツールについて常に学習する必要があります。Webの世界は技術の進歩が早く、それらへの関心が低い人はWebデザインの進化に追いつくのが難しいです。仕事への関心が低いと、デザインの最新のトレンドにも追いつけなくなります。

またWebデザイナーは、ときにコーディングを求められることもあります。関心が低いと苦手意識から習得しにくくなり、仕事に支障が出てしまうかもしれません。

 

コミュニケーション能力が低い人

Webデザイナーはクライアントやチームメンバーとコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めることが多いです。コミュニケーション能力が低いと、情報の共有や意思疎通が円滑に行われなくなり、プロジェクト進行の面で大きな影響が出ます。

また、他人からの厳しいフィードバックも成長の機会として受け入れるほどの胆力も必要です。Webデザイナーはデザインのフィードバックを受けることがあり、それに基づきデザインを改善してよりよいものを作っていきます。コミュニケーション能力と気持ちの持ち方次第では、フィードバックを受け入れられず、相手を不快にさせてしまうかもしれません。その場合、仕事はもちろん、自身の成長も大きく阻害されることになります。

 

地道な作業ができない人

Webデザインでは、細部にまで注意を払ってデザインを作成します。例えば、

  • フォントの選定
  • 色の組み合わせ
  • レイアウト(コンテンツの配置)
  • 画像の最適化...etc

など、地道な作業と忍耐力が必要です。デザイン細部への注意なくして高品質なデザインは完成しません。Webデザイナーはクリエイティブな仕事であるものの、こういった地道な作業が必須です。地道な作業が苦手な人は途中で飽きてしまったりモチベーションが下がったりしてしまう可能性があります。

 

向いていない人の特徴に当てはまってもWebデザイナーは目指せる?

Webデザイナーに向いている人、向いていない人の特徴について解説しました。もしもWebデザイナーに向いていない特徴に当てはまっても、Webデザイナーになることはできるでしょうか?

結論からいうと、Webデザイナーになることはできます。

Webデザイナーの向き・不向きはあくまでも目安です。もちろん、向いていたほうが苦労は少なくて済むのは事実ですが、向いていない特徴に当てはまっている人でもWebデザイナーとして仕事している人は多くいます。

向き・不向きよりもスキルのほうが重要です。Webデザインスキルは専門スキルなので、性格よりも仕事の現場では重要視されます。Webデザインの勉強を続けていて少しでも楽しく感じる、勉強を継続できている、といった場合は、Webデザイナーへの適性があるかもしれません。

Webデザイナーに必要なスキルに関しては下記の記事で解説しています。

 

まとめ:Webデザイナーは性格よりもスキルが大事

Webデザイナーに向いている人、向いていない人の特徴について解説しました。向き・不向きは目安に過ぎないので、向いていない特徴に当てはまったからといってWebデザイナーになれないわけではありません。

性格よりもスキルを身につけることを考えましょう。性格を変えるのは容易ではありませんが、スキルは後天的に身に付けることができます。必要なスキルを身につけてWebデザイナーを目指しましょう。

Webデザイナーに向いている人の特徴

  • クリエイティブな仕事をしたい人
  • 勉強することが好き、学ぶことが好きな人
  • 能力がある人
  • 自由な働き方をしたい人

Webデザイナーに向いていない人の特徴

  • クリエイティブな仕事に興味がない人
  • Webや技術(テクノロジー)の関心が低い人
  • コミュニケーション能力がない人
  • 地道な作業ができない人
ZeroPlus Gateについて

プログラミング学習でこのような経験はありませんか?

  1. 目標に向けて何を学べば良いかわからない
  2. 調べても解決策が見つからない
  3. 現場レベルのスキルが身につくのか不安

これらの悩みは、学習環境を整えることで全て解決することができます。

ZeroPlus Gateでは、30日間無料で最適な学習環境を提供しています。

  1. なんでも相談できる専属メンター
  2. いつでも技術相談ができるプロ講師
  3. 元IT企業CTO監修のカリキュラム

条件なしでこのレベルの環境を無料で提供しているのはZeroPlus Gateだけです。
ただし、無料サービスの提供には参加者の数に制限があります。

少しでも興味がある方は、以下のリンクからサービスの詳細をご覧ください。

今すぐZeroPlus Gateの詳細を見る

 

\ 学んだことをSNSでシェアしよう /

この記事の執筆者

ZeroPlus Media変種部

ZeroPlus Media編集部

ZeroPlusは、「フリーランス特化型プログラミングスクール」です。ZeroPlus Mediaでは、フリーランスとして活躍する際に役立つ有益なプログラミングやWeb制作に関する情報を発信しています。

質問について

ZeroPlus Media読者限定で質問対応をおこなっています。以下の2つの方法で質問を受け付けています。

選べる2つの質問方法

1

Google Foam(テキスト)で質問

mail

フォーム送信

メールで解答

formで質問
2

Google meet(オンラインmtg)で質問

meet

日時選択

メールを受け取る

メールからmtgに参加

meetで質問
ZeroPlus Gateについて

あなたの目的に合わせた2つのサービス

あなたの目的に合わせたZeroPlusの2つのサービス
基礎からフリーランスレベルまで本質的な学びを提供しています

完全無料!30日間で学びきれる
プログラミンスクールZeroPlus Gate

  • お金をかけずに、学習を進めたい
  • Webサイトを作れるようになりたい
  • メンターや講師に質問しながら学習したい

詳しくはこちらから

フリーランス特化型
プログラミングスクール ZeroPlus

  • プログラミング学習で悩んでいる
  • 仲間と一緒に学習したい
  • フリーランスとしての総合的な力を養いたい

詳しくはこちらから