ZeroPlus Gateについて

\ シェア /

FacBook
Twitter
LINE
はてブ
PPocket
ZeroPlus Media > キャリア > 将来性の高い仕事17選!今後需要がさらに高まる職種の特徴を解説

将来性の高い仕事17選!今後需要がさらに高まる職種の特徴を解説

キャリア

2024/03/31

2024/05/17

AIの発達により「将来的になくなる可能性の高い職種」がリストアップされるなか、これから転職活動を行う場合には、将来性の高さに着目した仕事選びは非常に重要です。

この記事では、将来性の高い仕事の持つ特徴を解説したうえで、将来性の高い職種を17種類紹介しています。また記事の後半では、将来性の高い仕事のリストを読んだものの、やはり目指すべき仕事を決められない場合に即したアドバイスもご用意しています。仕事選びの際には、本記事の内容を参考にしてみてくださいね。

この記事はこんな人に向けて書きました
  • 将来性の高い仕事を探している人
  • 長く働ける仕事を探している人
  • これから伸びる業界を知りたい人

 


無料でプログラミングの質問ができるサービス

30日間無料でWeb制作が学べるZeroPlus Gate!

  • Web制作に特化
  • 50本以上の動画教材で学べる
  • 30日間に4回の学習サポート面談がある
  • Slackで質問し放題

公式サイトを見る


 

 

    将来性の高い仕事に見られる3つの特徴

    この章では、将来性の高い仕事に見られる特徴を3つ紹介します。

    • 生活に不可欠なものを供給している
    • 社会の変化に即している
    • AIには代替できない

         

        生活に不可欠なものを供給している

        生活に不可欠なものを供給している仕事は、将来性の高い仕事です。

        たとえば医療・食料供給・エネルギー供給・教育などの分野に関連する職種が該当します。こうした職業は社会的な需要が常に高く、経済の変化による影響を受けにくいため、将来性を高く評価できるのです。

         

        社会の変化に即している

        社会の変化に即している仕事もまた、将来性の高い仕事です。

        たとえばあらゆる業界で、デジタル技術を活用して業務プロセスを改善しようとする流れがある中、IT業界の需要が高まり、高齢化社会が進む中では、医療・介護分野の仕事の需要が高まっています。

        このように社会の変化に伴って生じるニーズを満たせる職種は、需要が高まる傾向にあるため、将来性が高い仕事と評価できます。

         

        AIには代替できない

        仕事の将来性を決定づける要素として、昨今、特に注目されているのが「AIに代替されるか否か」という側面です。AIには代替できない職業の選択が、キャリアを考えるうえで不可欠な時代が到来しています。

        AIに代替されにくいと考えられる仕事には、以下の特徴があります。

        • 創造性(クリエイティビティ)を要する
        • 洞察力が求められる
        • 対人スキルが必須となる
        • 人の気持ちを汲み取る必要がある
        • 複雑な意思決定が必要になる

                これらの特徴を持つ仕事は、人間ならではの能力をフルに活かす必要があるため、AIに代替される可能性が低いと判断できます。

                 

                将来性の高い仕事につくメリット

                将来性の高い仕事につくメリットを紹介します。

                 

                長期的なキャリアが築ける

                将来性の高い仕事に就けば、長期的に満足のいくキャリアを築きやすい面があります。

                社会情勢の移り変わりが激しい現代社会のなかでは、どの業界を選ぶにしろ、良くも悪くもさまざまな変化を経験する可能性が高い状況です。ここで将来性の低い仕事を選んでいる場合には、賃金の低下キャリアアップの機会損失などネガティブな変化に見舞われる可能性が高まります。最悪の場合、職を失う状況になりかねません。

                一方で将来性の高い仕事は、技術進化や市場変動に対して強い耐性を持つ傾向にあります。また新しい知識や技術を学び続ける必要性に迫られるため、スキルアップの機会が豊富です。

                このように将来性の高い仕事に就けば、長期的なキャリアを築けます。

                 

                高い収入を得られる

                将来性が高いとされている仕事は専門性が要求される分、高い収入を得られる傾向にあります。報酬が高額になりやすい理由は、専門性の高さから需要に対して働き手の数が不足しているためです。

                またキャリアを築いていくなかで、プロジェクトリーダー専門家として地位を確立できるようになると、さらに収入が高まる可能性もあります。

                お金に悩まない人生を送るために、将来性の高い仕事へのキャリアチェンジを検討することは有効です。

                 

                将来性の高い仕事17選

                この章では将来性の高い仕事を17種類紹介します。

                 

                医師

                医師は病気の診断・治療・予防を行う職業です。医学の知識と技術を駆使して、患者の身体的、または精神的な健康問題に対処します。今後、高齢化社会がさらに進むにつれ、医療サービスの需要が増加の一途をたどることは、想像に難くありません。

                また新たな感染症の出現、メンタルヘルスに対する意識の高まり環境問題生活習慣の変化によって多様化する健康問題に対応するため、専門的な知識と技術を持つ医師への需要は、今後も高まると予測されます。

                医師の業務には高い専門性と社会的責任が伴いますが、人の生命と健康に直接貢献できる、何ものにも代えがたいやりがいがあります。

                 

                看護師

                看護師は医療チームの一員として、診療や治療の補助を行う職種です。患者の身体的なケアのみならず、精神的なサポートも行い、医療の現場で欠かせない役割を果たします。

                高齢化が進む現代社会において医師と同様、看護師も不可欠な存在です。活躍のシーンは病院にとどまらず、在宅医療予防医療の分野でもニーズが増加しており、働く場所に困ることは少ない職種といえます。

                看護師には、何よりも患者に対する深い思いやりが求められます。また医療現場でのストレスに耐えうる精神的なタフさや、チームワークを大切にできる協調性の高い人向けの職種です。

                 

                士業

                士業は法律や財務といった専門的な知識を提供し、個人や企業の問題解決を支援する職業群です。士業には以下のような職業が含まれます。

                職種

                仕事の内容

                弁護士

                裁判での代理人業務、法律相談、契約書の作成など、法律に関する全般的な問題を扱う職種。

                司法書士

                不動産登記や商業登記、成年後見、簡易裁判所での訴訟代理など、登記や法律文書の作成を中心に行う職種。

                行政書士

                行政手続きの専門家。主な業務内容は許認可申請や遺言書の作成、各種証明書類の取得代行など。

                公認会計士

                会計分野の専門家。主な業務内容は会計監査、財務諸表の作成支援、会計に関するコンサルティングなど。

                税理士

                税務の専門家。主な業務内容は税金に関する申告書の作成、税務相談、税務調査の対応など。

                社会保険労務士

                労働と社会保障に関する専門家。主な業務は労働保険や社会保険の手続き、就業規則の作成、労務管理の相談など。

                昨今の法規制の複雑化や税制の変更などにより、高度な専門知識を持った士業家への需要は高まっています。またグローバル化が進むビジネス環境においては、世界基準での法規制に対応する術についてアドバイスを求められる場面が多く、士業の役割はますます重要になっています。

                 

                リフォーム業

                リフォーム業とは、既存の建物の修理・改修を主な業務とする職業です。

                近年、高齢者向けのバリアフリー化や、災害対策を目的とした耐震改修のニーズも高まっています。

                またウッドショックによる資材価格の高騰や、円安による物価上昇に起因して、新築住宅の購入価格が上昇しているのも実情です。そのため既存の建物に改修を施すことで、安価で快適な住宅を手に入れたいといった需要が増加しています。

                住宅に関する新たなニーズの発生や、いまだ物価高が落ち着く気配が見えない社会情勢により、リフォーム業の将来性は非常に高いといえるのです。

                 

                建設業

                建設業は、商業施設や公共インフラなどの建築物や、道路やトンネルなどの土木構造物の建設・改修・メンテナンスを行う業種です。

                都市化の進行インフラの老朽化に伴う改修工事災害復旧など、建設業への需要は常に安定しています。また建築業界では、技術や建材のイノベーションも活発に行われている状況です。環境に配慮された建材や、耐震性とエネルギー効率に優れた建築技術などが生み出され、建設業界の発展に寄与しています。

                社会情勢による需要増加とイノベーションの活発化により、建設業の将来性は非常に高い状況にあります。

                 

                設備士

                設備士は、建築物の電気や水道に関する設備系統の設計・施工・保守・管理を行う職種です。建物を利用する人が快適に感じられる空間を提供するために、重要な役割を担っています。

                エネルギー価格の高騰が企業経営や施設運営に深刻な影響を与えるなか、省エネ設備に対するニーズが高まっている状況にあります。

                こうした背景から設備士の需要は安定しており、将来性の高い職種であるといえるのです。

                 

                保育士

                保育士は幼児の発達と福祉に最前線で関わる、社会的意義の高い仕事です。子どもたちの心と身体の健康を支えたり、家庭と社会の架け橋となり、豊かな人間関係を築くサポートを行なったりします。

                夫婦共働きの家庭の割合が全体の7割を占める現代において、保育士の需要は安定して高い状況です(データ引用元:男女共同参画局)。また早期教育の重要性が評価されている点も、幼児教育に深い専門性を持つ保育士の重要性を高めています。

                その一方で、仕事に伴う責任の重さと待遇面の整合性が取れておらず、保育士不足が深刻化しているのが実情です。

                これをうけ、厚生労働省主導で保育士不足を解消するため、賃金や労働条件の改善を目的とした施策が講じられています。

                従来から保育士は社会的な重要性が高く、需要も安定している仕事でしたが、待遇の改善が進んでいることから、今後働きやすさも向上していく見込みのある職種です。

                 

                介護職

                介護職は、単に被介護者の身の回りの世話をするだけではなく、尊厳保護、自立支援、心身のケアなど、さまざまな役割を担っている職種です。

                高齢化社会が進行しているなかで、介護サービスへの需要は増加の一途をたどっており、介護職の需要は今後さらに高まることが予測されます。

                しかし介護職の労働環境には、深刻な課題が存在するのが現状です。肉体的・心理的な負担が大きいハードな業務内容に報酬や待遇が見合わず、他業種への人材流出が社会問題になっています。

                さらに介護職は、高い人間性と専門性が要求される仕事だけに、単純な労働力の代替では成り立ちません。このことが人材不足に、一層拍車をかけています。

                これをうけ2024年2月には、厚生労働省によって「介護職員処遇改善加算」が実施され、介護職の待遇面に対する改善努力が進められている最中です。まだ介護職を取り巻く労働環境が十分に整っているとは言い難いものの、改善の動きは確実にあります。

                この先、高齢化社会が確実に進行する日本社会において、高い重要性と将来性を持つ職業であり続けることは間違いありません。

                 

                心理カウンセラー

                心理カウンセラーは、個人の心理的な問題や悩みに対して専門的なカウンセリングを提供する職業です。

                クライアントが抱えるストレス、不安、抑うつといった心理的課題や、仕事や学校での人間関係の悩みなど、メンタルヘルスの問題に向き合い必要なケアを行います。

                現代社会では、心理的な健康が身体的な健康と同様に重要視されるようになっており、心理カウンセラーに対する需要は増加傾向です。

                またビデオチャットツールカウンセリング専門のマッチングサービスなど、テクノロジーの発達もカウンセラーの活動に追い風となっており、離れた場所に住む相手へのカウンセリングが容易になっています。

                メンタルヘルスの重要性に対する認知の高まりや、テクノロジーの発達などを背景として心理カウンセラーの将来性は高く評価されているのです。

                 

                インサイドセールス

                インサイドセールスとは、電話やインターネットを介して顧客とコミュニケーションを図り、商品やサービスの販売に結びつける職種です。

                外勤型の営業職とは異なり、直接顧客を訪問することはありません。そのためパソコンとスマホがあれば、どこでも営業活動を行えます。

                地理的な制約や移動コストなど、外勤型営業の抱えるデメリットをカバーしつつ、営業活動の効率化に寄与できる職種です。AIツールの活用により、顧客分析やデータ管理が自動化されるようになっており、インサイドセールスの役割は、今後ますます拡大すると予測できます。

                ただしインサイドセールスとして将来性を広げていくうえでは、テクノロジーの進化に対応して、AIやデジタルツールを使いこなすスキルを高める努力が不可欠です。

                 

                ITエンジニア

                ITエンジニア情報技術を駆使して組織のシステム開発・運用・保守、ネットワーク構築・管理、セキュリティの強化など幅広い業務を行う職種です。

                昨今、ほぼ全ての業界・業種でデジタル化はビジネスの競争力を高め、企業や組織を支える鍵となっています。そのためデジタル化推進に直接携わるITエンジニアの需要は常に高く、非常に将来性のある職業といえるわけです。

                ただしITエンジニアとして活躍するためのハードルは、やや高い面があります。

                ITエンジニアは、プログラミングスキルに加え、チームメンバーやクライアントとの効果的なコミュニケーション能力、複雑な技術的問題を解決するための論理的思考力など複数のスキルを求められる傾向にあります。またIT分野の急速な進化に対応するために、継続的な学習とスキルのアップデートも必要になる職種です。

                 

                データサイエンティスト

                データサイエンティストとは、ビッグデータと呼ばれる全体を把握することが難しいほど巨大なデータ群の中から、役立つ知識や情報を見つけ出し、ビジネスの改善サービス開発につなげる専門家のことです。数学や統計学、コンピューター技術を駆使して客観的な分析を行い、企業がより良い決定を下すための戦略的なサポートを担います。

                データサイエンティストのデータ分析によって、企業は感覚ではなくデータに基づいた意思決定を行えるようになり、ビジネスの活路を見出せます。金融・ヘルスケア・小売・エンターテイメントなど、あらゆる業界で活用できる技術のため、昨今、データサイエンティストの需要は急激に高まっています。

                またデータサイエンスは比較的新しい分野であり、専門家の数が少ないため、需要が供給をはるかに上回っている状況です。よってデータサイエンティストは、魅力的な報酬を期待できる面があります。

                 

                Webデザイナー

                Webデザイナーは、Webサイトやアプリケーションのデザインを担当する職種です。

                Webデザインの分野についてはAIツールの活用が進んできており、簡単なWebサイトならば自動で作れる時代が到来しています。そのため「AIに代替されてしまう職種なのでは?」と思うかもしれません。

                確かにAIツールの活用によってWebデザインの仕事の一部を自動化できるかもしれませんが、全体でみると、今後も人間の能力が不可欠になると考えられます。

                Webデザイナーの最も重要な使命は、集客や売上向上など顧客の抱える課題を解決することです。

                そのために顧客へのヒアリングを通じて、課題を正確に掴むコミュニケーション能力は欠かせません。また抽出した課題を解決に導くためには、クリエイティブ力が必要とされます。クリエイティブ力とは発想力や問題解決力、表現力を総称した能力を指します。

                コミュニケーション能力やクリエイティブ力は人間特有の能力のため、AIでは代替が効かないわけです。

                よって、Webデザイナーの仕事がAIによって完全に奪われることはないといえます。むしろ、AIツールを活用しつつクリエイティビティの発揮に集中できるWebデザイナーの需要は今後高まっていくと予測できるのです。

                無料で30日間Webデザインの基礎を学べる

                ZeroPlus Gateの詳細を見る

                費用の一切かからないサービスです

                ロボットエンジニア

                ロボットエンジニアは、ロボットの設計・開発・製造・テストを行う専門家です。機械工学・電気工学・コンピュータサイエンス・ブログラミングなど、技術分野の知識を組み合わせてロボットを作り出します。

                現代社会においてはロボット技術の進歩により災害救助・医療・製造業・家事支援・教育など、さまざまなシーンでロボットが活躍するようになってきています。世間一般にロボットの有用性が認知され、新たなロボットの開発に期待が集まる中、ロボットエンジニアへの需要は高まっています。

                また次のステップとして人間とロボットが共生する未来に向けた研究開発も進められています。これには、人間の行動や感情を理解し、適切に反応できるロボットの開発などが含まれます。

                このようにロボットエンジニアは、技術的な進歩と社会的なニーズの双方に応えられる職業であり、その将来性は今後もますます高まることが予想されます。

                 

                Webマーケター

                Webマーケターは、インターネットを利用したマーケティング活動を企画・実行する職種です。

                SEOやSNSマーケティング、コンテンツマーケティング、Web広告運用などの手法のなかから、状況に合わせて有効な方法を選択し、ブランド認知度向上顧客獲得、売上や利益の向上を目指します。

                Webマーケティングの分野では、AIをはじめとしたテクノロジーの進化により、一部の作業が自動化されるようになっており、人間が介入する必要のない業務も生じています。

                しかし、依然としてWebマーケターの需要がなくなることはないでしょう。最新のデジタルツールやAIの活用がスタンダードになってくると、個々のWebマーケターにおける仕事の質がより高まると予測できるためです。

                デジタルツールは、短時間に膨大なデータを効率的に処理し、顧客の行動パター​​ンを高い精度で分析してくれます。一方、WebマーケターはAIによって抽出されたデータをもとに顧客の感情や背景にある動機を考察し、マーケティング戦略の立案へ注力できるようになります。

                このような背景から企業の経営戦略上、Webマーケターの重要性はますます高まると予測でき、将来性は高いといえるのです。

                 

                ITコンサルタント

                ITコンサルタントは、企業や組織が直面するIT関連の課題を解決するための専門知識とアドバイスを提供する職業です。業務内容にはシステムの設計・導入・運用、セキュリティ対策の強化、データ管理の改善などが含まれるため、ITエンジニアと混同されやすい職種といえます。

                しかし、クライアントの経営方針や業務改革の検討段階から参加してアドバイスを行う、コンサルタントとしての側面がメインになる点がエンジニアとの大きな違いです。そのためクライアントのビジネスモデルを深く理解し、最適なIT戦略を提案することが求められます。

                現在のITインフラの評価から始まり、必要な技術の選定導入計画の策定・実装導入後のサポートまでがITコンサルタントの業務に含まれます。

                企業がデジタル技術を取り入れ、ビジネスを根本から変革するプロセスにおいては、ITコンサルタントの役割がとりわけ重要です。

                このようにITコンサルタントは、技術的な専門知識とビジネスに対する深い理解を掛け合わせた職業であり、その市場価値は非常に高いと判断できます。

                 

                迷ったらIT業界への就職がおすすめ

                ここまで、将来性の高い仕事をさまざまな分野からピックアップして紹介しました。

                しかし、分野も転職のハードルの高さも異なる職種ばかりで、どの道に進めばよいか余計に悩ませてしまったかもしれません。そこで当メディアでは、キャリアチェンジに迷うあなたへ、IT業界へのチャレンジを提案します。

                この記事で紹介している職業のうち、ITエンジニア・Webデザイナー・ロボットエンジニア・Webマーケター・ITコンサルタントはIT業界に属する職業です。

                とはいえなぜ、IT業界が推されるのか疑問に思うところもあるのではないでしょうか?
                次の章では「IT業界がおすすめできる理由」について解説します。

                 

                IT業界がおすすめできる5つの理由

                この章ではIT業界をおすすめできる理由を5つ紹介します。

                 

                1.リモートワークしやすい

                IT業界にはネット環境とPCさえあれば働ける職種が多いため、リモートワークしやすい特徴があります。

                働き手が自身のライフスタイルに合わせて仕事をすすめられる柔軟性の高さは、リモートワークの魅力の一つです。ワークライフバランスの実現を重視する場合には、おすすめできる働き方といえます。

                またリモートワーク最大の強みとして、距離の制約を受けることなくどこからでも業務に参加できる点が挙げられます。このことにより、職場の通勤圏内に住む必要がなくなるわけです。

                たとえば海外に在住していても、日本のプロジェクトに参加できます。また居住エリアを限定されないことは、災害大国である日本で暮らすうえでリスクヘッジになります。

                近年の日本では、地震や台風によって毎年のように甚大な被害が出ています。通勤が必要な職種についている場合には、被災して仕事を失ってしまうと、次の仕事を探すまでに長いブランクが生じかねません。一方、リモートワークのできる職種に就いていれば、広いエリアから仕事探しができるため、速やかに次の仕事に就ける可能性が高まるわけです。

                このようにリモートワークのできる職種に就くことで、ワークライフバランスをとって人生を豊かにできるのみならず、生活するうえでの大きな安心も手に入ります。

                 

                2.AIに代替されにくい

                IT業界が推奨される理由の一つに、業務がAIに代替されにくい点が挙げられます。IT業界の業務は、高度な創造性複雑な問題の解決を要求されるため、現時点でのAI技術では置き換えが難しいといわざるを得ません。

                特に、新しいソフトウェア開発には人間独自の発想が必要で、これらのプロセスはAIによる代替が難しい領域です。またITのプロジェクトにおいては予期せぬエラー・課題が頻繁に発生するため、解決のためには、人間の持つ問題解決力が求められます。

                またプロジェクトを進めるうえでは、チームメンバー・クライアントとの密なコミュニケーションが必要なため、人間の存在が不可欠です。

                このようにIT業界では人間特有の創造性、問題解決能力、コミュニケーションスキルが重要とされ、これらのスキルを自身の努力で培う人に対し、安定したキャリアを築く機会を提供してくれます。

                 

                3.未経験者でも挑戦できる

                IT業界と聞くと専門性の高いイメージが先行して「未経験者の挑戦する余地などないのでは?」というふうに思い込んでしまっているかもしれません。

                しかし、人材不足が深刻化しているのが日本のIT業界の現状です。以下は経済産業省が発表した、IT人材の供給動向の予測データです。

                引用:経済産業省「IT人材育成の状況等について」

                このデータによれば2030年には、およそ60万人のIT人材が不足すると試算されています。


                こうした背景から、未経験者向けの研修制度インターンシッププログラムを提供する企業も多く、基本からITスキルを学べる機会が用意されています。

                また、現在はプログラミングスクールオンライン学習プラットフォームなど、自身でスキルを身につけるためのリソースも豊富にあります。これらの環境を活用することで、従来よりも早く、IT業界で働くための知識や技術を習得できます。

                このように現在は、未経験者でもIT業界に参入しやすい環境が整っている状況にあるのです。

                プロ講師に質問し放題で安心して学習!

                ZeroPlus Gateの詳細を見る

                受講できる人数は毎日先着制!

                 

                4.文系出身でも挑戦できる

                もしかすると「IT業界 = 理系の人向けの仕事」といった固定観念を持っているかもしれません。確かに理系大学出身でないと挑戦が難しい職種があるのは事実です。

                しかし、IT業界の中には文系理系を問わず挑戦できる職種は確実に存在します。デザイナーやマーケターなどさまざまな役割が存在し、これらの職種においては、文系の知識や経験が活かせる場合も多いものです。

                またIT業界と聞いて、最初にイメージしがちなエンジニアについても、社会人になってからプログラミングスクールを通じて正しいスキルを習得すれば、文系出身者にも挑戦の余地があります。

                このように自身が文系出身だからといって、IT業界へのチャレンジを諦める必要はありません。

                 

                5.女性も活躍できる

                IT業界では女性が活躍できる環境が整ってきています。以下は、女性エンジニア転職者数の推移を表したグラフです。

                出典:リクルート「STEM 領域における女性エンジニアの転職動向と働き続けるためのポイント『リクルートエージェント』データ分析」

                データによれば2022年の女性エンジニアの転職者数は、2009-2013年の平均転職者数の6.22倍にも増加しています。これを見れば女性エンジニアの採用が活発になってきている様子がつかめるのではないでしょうか?

                実際にIT業界では、多様なバックグラウンドを持つ人材を受け入れることで、イノベーションを促進する文化が定着しており、女性が参画しやすい環境が整ってきているわけです。女性の参画は多様な視点をもたらし、創造性やチームワークの向上に貢献しています。

                またIT業界の特性として、リモートワーク柔軟な勤務体系の導入が比較的進んでいる特色があります。家庭と仕事との両立を図りやすく、ライフステージが変化してもキャリアを継続しやすい点も、女性にIT業界をおすすめできるポイントです。

                 

                IT業界に転職する際に準備すべきこと

                ここまで、IT業界で働く魅力について紹介してきたため、関心が湧いてきたかと思います。

                先ほど、IT業界は人材が不足しているため、未経験者であっても挑戦するチャンスが与えられるといった見解を述べました。しかし、何の準備もなく円滑にキャリアチェンジを果たせるほど、IT業界は甘い世界ではありません。

                そこでこの章では、IT業界への転職を目指すうえで準備すべきことについて紹介します。

                 

                業界・企業の研究をしておく

                IT業界に挑戦する際には、業界の研究を通じてどんな職種で働きたいのか明確にすることが大前提です。一言にIT業界といっても、選ぶ企業や職種によって業務内容や労働環境が異なるため、研究を通じてどのような環境で働きたいのか深掘りする必要があります。

                最初のステップとして、現在のIT業界の動向を大まかにつかむことが重要です。

                業界のトレンド技術革新の動向について、ニュースサイトやIT専門のブログメディアをチェックしながら理解を深めていきます。

                クラウド技術や人工知能(AI)、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)など注目されている分野の概要や、IT業界にどのような職種があるのかについて業界研究を通じてつかめます。

                次のステップは、特定のIT企業に関する情報収集です。

                企業のWebサイトSNSの発信を参考にして、企業文化や事業内容、技術的な強み、将来のビジョンについて把握します。その企業が直面している課題や、業界内での位置付けについても理解することが重要です。

                企業研究を通じて、自分がどの会社で働きたいかが明確な状態になります。

                その結果、面接時に志望動機を「あなたの言葉」で語れるようになったり、どのように会社に貢献できるかを明確に示したりできるようになり、採用担当者へポジティブな印象を残せるようになるわけです。

                 

                ITスキルを自主的に身につける

                IT業界に挑戦する際には、自らITスキルを身につけることが重要です。

                オンライン学習プラットフォームプログラミングスクールを活用して、基礎から応用レベルのスキルまで段階的に習得できます。

                オンライン学習プラットフォームとして有名なサービスには、Progate(プロゲート)ドットインストールなどがあります。これらは、初心者でも手軽にプログラミングの基礎を学べるサービスです。自分のペースで学習を進めやすいため、スキマ時間を活用して柔軟にスキルアップを図れます。

                Progateとドットインストールの違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。

                またプログラミングスクールでは、実践的なカリキュラムを通じて、実際の開発現場で求められるスキルや知識を習得できます。また個別のメンタリングキャリアサポートも充実しており、未経験からIT業界への転職を目指す人にとっては大きな助けになるでしょう。

                IT業界へのキャリアチェンジを成功させるためには、これらのサービスや教材を最大限に活用して、継続的に自己のスキルを向上させる努力が欠かせません。

                無料で30日間ITスキルを学べる学習サービス!?

                ZeroPlus Gateの詳細を見る

                費用の一切かからないサービスです

                 

                ITに関する資格を取得する

                IT業界に挑戦する際、自主的なITスキルの習得と並行して、関連資格の取得も推奨できます。資格の保有により、あなたの専門知識や技術力が一定の基準を満たしている点を、採用担当者へ端的に証明できるためです。

                たとえばIT業界で働くうえでの基礎知識や技術を有していることを証明する国家資格として「情報処理技術者試験」「基本情報技術者試験」が広く認知されています。

                また「AWS認定資格」Ciscoの「CCNA」「オラクル認定Javaプログラマー」など特定の技術領域に特化した資格も多数存在します。

                資格は、IT業界へのキャリアチェンジをサポートしてくれる心強い存在ですので、ぜひ取得を検討してみましょう。ただし資格を何でも取得すれば良いわけではなく、目指す職種に即した資格を適切に選んで取得する必要があります。こうした観点から、まずは業界研究を通じて自身が就きたい職種を明確にしておくことが、資格選びに重要になるわけです。

                当メディアでは以下の記事でIT業界に関連する資格を、詳しく紹介しています。

                https://zero-plus.io/media/programmer-license/

                IT分野の資格取得を検討する場合にはぜひご活用ください。

                 

                オンライン面接の練習をしておく

                IT業界への挑戦を考えているなら、オンライン面接の訓練をしておくことが重要です。

                リモートワークが一般的になっているIT業界においては、採用プロセスもオンラインで行われるケースが多くなっています。そのため、オンライン面接で自己を表現する技術は、転職活動において非常に重要です。

                オンライン面接においては、通常の面接と異なり、画面越しにコミュニケーションを取ることになるため、特有の配慮が求められます。

                オンライン面接で注意すべきポイント

                ① 機材・ネット環境のチェック

                安定したインターネット環境を確保するとともに、カメラ・マイクなどが正しく機能するかチェックしておき、面談中の技術的なトラブルを未然に防ぎます。

                ② 背景

                背景は無地に近いシンプルな壁紙が無難です。あらかじめ自宅のどのポジションで、面接に臨むかも決めておく必要があります。

                ③ 目線

                目線はカメラ目線が基本です。つい画面に映る面接官に目が行きがちですので、意識的にカメラに目を向けるように心がける必要があります。

                ④ コミュニケーションの取り方

                オンラインでは表情やボディランゲージが伝わりにくいため、少しオーバーなくらい明確なコミュニケーションを心掛ける必要があります。

                このようにオンライン面接は気をつけるべき点が多いため、事前のトレーニングが欠かせません。オンライン面接の訓練には友人や家族に模擬面接をお願いし、率直な印象を確認していくのがベターです。

                また有料にはなりますがココナラのようなスキルマーケットを利用して、現役の人事担当者に模擬面接を依頼するのもよいでしょう。

                画像引用元:ココナラ

                オンライン面接への万全な対策は、転職活動の成功可否に直結する要素です。

                 

                仕事探しに適したサービスを紹介

                この章では良い求人に巡り会うために、活用できるサービスを2種類紹介します。

                 

                求人サイト

                求人サイトを利用すれば、職種や雇用形態、希望の勤務地、未経験を受け付けているかなど多様な条件で求人を絞り込めるため、自分に合った仕事を効率的に探せます。代表的な求人サイトをいくつか紹介します。

                大手求人サイト

                リクナビNEXT:リクルートが運営する知名度抜群の転職・求人サイト。2024年1月現在の求人数は約10万件。毎週水、金曜日に求人が更新される。

                doda(デューダ): 国内最大級の求人数を誇る求人サイト。2024年1月現在の求人数は約22万件。毎週月、木曜日に求人が更新される。

                Indeed(インディード): 世界最大の求人サイトで、日本のみならず多くの国で利用されている。職種と勤務地を主軸として国内外の求人探しができる。

                 

                転職エージェント

                転職活動の専門家であるエージェントの力を借りて仕事を探す方法もあります。様々な業界の採用動向を捉えたうえで、あなたのニーズに合致する求人を探してくれるのが特徴です。

                また転職エージェントは仕事探しに留まらず、履歴書添削や模擬面接など転職活動全般のサポートを実施してくれます。そのため自力で転職活動を進めるよりもはるかに効率的です。

                ここでは大手転職エージェントサービスを3種類紹介します。

                大手転職エージェントサービス

                リクルートエージェント:リクルートが運営する国内最大手、保有求人最多のエージェントサービス。対応エリアも広く、全国どこで働く場合にも活用できる。

                doda(デューダ):転職エージェントサービスとしては業界2位の求人保有数。転職エージェント・転職サイト・スカウトサービスが一体化されており利便性が高い。

                マイナビエージェント:大手サービスの中では求人数がやや少なめだが、サポートの手厚さが魅力の転職エージェントサービス。

                 

                まとめ:将来性の高い仕事をさがしているならば「IT業界はおすすめ」

                この記事では「将来性の高い仕事」を17種類紹介しました。

                将来性の高い仕事には、以下のような傾向が見られます。

                • 生活に不可欠なものを提供している
                • 社会の変化に即している
                • AIには代替できない

                この記事においても、上記の特徴を持つ職業をひとまずピックアップしました。しかし、分野も転職のハードルの高さも全く異なる職種ばかりで、結局のところ、どこを目指すか悩んでしまうかもしれません。

                そこで当メディアでは、チャレンジするメリットの豊富さからIT業界へのチャレンジをおすすめしています。この記事で紹介した職種のうち、以下はIT業界に属する職種です。

                仕事の種類

                特徴

                ITエンジニア

                情報技術を駆使して企業や組織のシステム開発・運用・保守、ネットワーク構築と管理、セキュリティの強化を行う職種

                データサイエンティスト

                ビッグデータから役立つ知識や情報を見つけ出し、ビジネスの改善やサービス開発につなげる職種

                Webデザイナー

                Webサイトやアプリケーションのデザインを担当する職種

                ロボットエンジニア

                ロボットの設計・開発・製造・テストを行う専門家

                Webマーケター

                インターネットを利用したマーケティング活動を企画・実行する職種

                ITコンサルタント

                企業や組織が直面するIT関連の課題を解決するための専門知識とアドバイスを提供する職業

                IT業界は社会の変化に即した業務内容のため需要が高く、将来性の高い職種が豊富な業界です。さらには未経験者や文系出身者、女性などさまざまな立場の人が、チャレンジしやすい環境の整った業界でもあります。

                こうした観点から当メディアでは、将来性の高い仕事を求める場合に「IT業界への転職」をおすすめしています。ただし、何の準備もなくIT業界へのキャリアチェンジを果たせるほど甘くないのも事実です。

                実際に転職を成功させるためには、綿密な事前準備が必要です。どのような準備を行えばよいかについてはこの記事の後半で解説しています。ぜひ参考のうえ、IT業界へのキャリアチェンジにチャレンジしてみてくださいね。

                ZeroPlus Mediaはあなたの挑戦を応援しています。

                ZeroPlus Gateについて

                プログラミング学習でこのような経験はありませんか?

                1. 目標に向けて何を学べば良いかわからない
                2. 調べても解決策が見つからない
                3. 現場レベルのスキルが身につくのか不安

                これらの悩みは、学習環境を整えることで全て解決することができます。

                ZeroPlus Gateでは、30日間無料で最適な学習環境を提供しています。

                1. なんでも相談できる専属メンター
                2. いつでも技術相談ができるプロ講師
                3. 元IT企業CTO監修のカリキュラム

                条件なしでこのレベルの環境を無料で提供しているのはZeroPlus Gateだけです。
                ただし、無料サービスの提供には参加者の数に制限があります。

                少しでも興味がある方は、以下のリンクからサービスの詳細をご覧ください。

                今すぐZeroPlus Gateの詳細を見る

                \ 学んだことをSNSでシェアしよう /

                この記事の執筆者

                ZeroPlus Media変種部

                ZeroPlus Media編集部

                ZeroPlusは、「フリーランス特化型プログラミングスクール」です。ZeroPlus Mediaでは、フリーランスとして活躍する際に役立つ有益なプログラミングやWeb制作に関する情報を発信しています。

                質問について

                ZeroPlus Media読者限定で質問対応をおこなっています。以下の2つの方法で質問を受け付けています。

                選べる2つの質問方法

                1

                Google Foam(テキスト)で質問

                mail

                フォーム送信

                メールで解答

                formで質問
                2

                Google meet(オンラインmtg)で質問

                meet

                日時選択

                メールを受け取る

                メールからmtgに参加

                meetで質問
                ZeroPlus Gateについて

                あなたの目的に合わせた2つのサービス

                あなたの目的に合わせたZeroPlusの2つのサービス
                基礎からフリーランスレベルまで本質的な学びを提供しています

                完全無料!30日間で学びきれる
                プログラミンスクールZeroPlus Gate

                • お金をかけずに、学習を進めたい
                • Webサイトを作れるようになりたい
                • メンターや講師に質問しながら学習したい

                詳しくはこちらから

                フリーランス特化型
                プログラミングスクール ZeroPlus

                • プログラミング学習で悩んでいる
                • 仲間と一緒に学習したい
                • フリーランスとしての総合的な力を養いたい

                詳しくはこちらから